有料コンテンツの解約方法【一括解除編】

スポンサーリンク

MNPの高額キャッシュバック案件を契約するときに必ずついてくる有料コンテンツ。

2か月間有料コンテンツを維持した後に解約するなどよくありますよね。

※docomo、au、softbankのキャリアで指定されるオプションとはまた別ですので要注意。

もうMNPベテランさんは慣れた感じで解約もサササッっと終わると思いますが

慣れてない方のために、改めてわかりやすく説明します。

有料コンテンツの解約方法

有料コンテンツの解約方法ですが通常は契約している有料コンテンツのサイトにアクセスして

コンテンツの退会・解約を行うのが一般的です。

でも有料コンテンツの解約って、簡単には解約できないように何度も解約ボタンを押させたり、解約がわかりにくくなってたりと、かなりやらしいです。

有料コンテンツを一つ解約するのに5分くらいかかったり、、、非常に大変です。

でも、MNP乞食な私たちは何台もこの手間かけたくないですよね。

もっと簡単にサクッと解約する方法が実はあります。

ドコモの有料コンテンツを一括解約する方法

ドコモの有料コンテンツを一括で解約する方法は簡単で

インターネットからだとMy docomoのサイトにアクセスして、ログインします。mydocomo 

My docomo 公式サイト

そしたら、ドコモオンライン手続き /ご契約内容確認・変更を選んで

spmode

docomoKeitaibarai

「spモード コンテンツ決済」

「ドコモケータイ払い(XXXX)」

を停止してください。

これで全有料コンテンツが停止手続きを完了した時点で解約になります。

さらに再開すれば、有料コンテンツが全部解約された状態でコンテンツ決済も可能になります。

もちろん、

「spモード」

の解約でも有料コンテンツは全部解約されます。

もちろん、151でも同様手続きはできます。

auの有料コンテンツを一括解約する方法

auの有料コンテンツを一括で解約する方法も簡単です。

インターネットからだとauお客様サポートのサイトにアクセスして、ログインします。

auはPCからアクセスすると2段階認証があります。
2段階認証についてはこちら「auの二段階認証を解除する方法

ausupport

auお客さまサポート公式サイト

そしたら、料金・ポイントの確認/「auかんたん決済ご利用情報を確認する」/「利用制限設定」するを選んで

aulimit

「全てを制限する」

に変更してください。

手続きを完了した時点では有料コンテンツは解約になりません。

有料コンテンツの請求が確定になるタイミングで解約になりますので、利用制限は翌月まで着けておくようにしましょう。

さらに再開すれば、有料コンテンツが全部解約された状態でコンテンツ決済も可能になります。

よく、オプションサービスの「LTE NET」を解約すると有料コンテンツが解約されると

誤った記述をされた記事を見かけますが、ドコモと違ってauでは

「LTE NET」を解約しても有料コンテンツは解約されません

のでご注意を。

もちろん、157から電話でも同様の手続きができます。

ソフトバンクの有料コンテンツを一括で解約する方法

最後にソフトバンクの有料コンテンツを一括で解約する方法です。

ソフトバンクに関しては、一括で有料コンテンツを解約する方法がありません(汗)

でも簡単に解約できるのでそれほど大変じゃないです。

インターネットからだとMy SoftBankのサイトにアクセスして、ログインします。

mysoftbank

My SoftBank 公式サイト

そしたら、ソフトバンクまとめて支払い/「ご登録中サービス」を選ぶと

契約中の有料コンテンツが表示されるので一個づつクリックして解除すれば簡単に解約になります。

mysoftbankreg

有料コンテンツの一括解除の注意点

有料コンテンツを一括解除する場合にこれだけは気をつけないといけないのが

契約する店舗によっては、

有料コンテンツの一括解除を禁止

している店舗があります。

リーマンも何度かそういう店舗に会ったことがあります。

必ず契約するときに有料コンテンツは一括解除していいか確認するようにしましょう。

一個づつ有料コンテンツを解約する方法の裏ワザについてはまた後ほど記事にしますね。

有料コンテンツの解約方法 特集

有料コンテンツの解約方法【PC(パソコン/wifi)解除編】

有料コンテンツの解約方法【個別解除編】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ななし より:

    ドコモのケータイ払いの場合もSPモードの解除等だけで済むのでしょうか?
    それともドコモ ケータイ払い(電話料金合算払い)を利用停止にするのでしょうか?

    • リーマン リーマン より:

      ケータイ払いもSPモードに連動してますので、SPモードの解除だけで強制解約になりますよ。
      ただ、SPモード決済と違って、継続課金一覧に即反映されず月末に解約済みになるようです。

  2. しずコジ より:

    コンテンツを大量に付けたままで回線を解約する事でもコンテンツ一斉解約となるのでしょうか?

  3. とさか より:

    リーマン様
    夜分申し訳ありません。

    au通信料金合算請求にされた有料コンテンツがあるのですがIDとパスワードがわからず解約できません。

    こちらの記事をみて利用制限設定を全て制限をするに変更し再度通常に戻した後継続中コンテンツを確認したのですが解約されてないようでした。

    このような場合は来月反映されるのでしょうか??

    • リーマン リーマン より:

      とさかさん
      利用制限を入れた瞬間に解除されるわけでなく、有料コンテンツの請求が確定するタイミングで利用制限により解約されます。
      ですので、有料コンテンツの請求タイミングまで利用制限を入れておかないとだめですよ。
      つまり、来月まで利用制限を入れておかないといけません。
      仕様が変わったのか最近はこういう仕様になっていますね。記事内容も更新しなおしました。

  4. とさか より:

    リーマン様

    夜分遅く対応していただきありがとうございました。