iPhone6を契約したときは必ず端末ここをチェック!!

スポンサーリンク

最近、iPhone6を契約してきたけど、そのiPhoneを右から左に端末ドナドナしようとしたら買取してもらえなかったという声をいくつか聞いています。

契約するときにキズがないかチェックしたし、新品なのになんで買取してもらえないの?と思いがちですが実はiPhone6には致命的な初期不良のリスクがあるようです。

新品でも買取してもらえないiPhone6

新品でも買取してもらえないiPhone6の初期不良はディスプレイがパッと見てもわからない程度に浮いてしまっている

いわゆる

「ディスプレイ浮き」

displayfail

の症状がでているそうです。

ぱっと見わかりませんが、ディスプレイ浮きが発生している画面箇所を指で軽く押すとカチカチとなる程度に浮いていることが多いそうです。

リーマンが聞いた話では、2台契約して2台ともディスプレイ浮きに当たってしまったという人もいます。

このiPhone6のディスプレイ浮きの症状は発売当初もいくつか報告があったようですね。

ディスプレイ浮きが発生する原因

ディスプレイ浮きが発生する原因はというと某サイトによると

iPhone 6では、ディスプレイガラスとアルミフレームの間がプラスチックで結合されており、このディスプレイ浮きは、発熱や急激な温度の変化でフレームに何らかの圧がかかった際に柔軟性の低いガラスと、比較的柔軟性の高いアルミフレームが乖離してしまうことが原因

のようです、どのくらいの温度かわかりませんが買取店舗の話ではここ最近、iPhone6の買取品にディスプレイ浮きの現象が多く見られるそうです。

やっぱり夏場の暑さと保管方法に影響でしょうか??

これからiPhone6を契約する人は特に注意が必要ですね。

ディスプレイ浮きは初期不良で対応可能

もちろん、ディスプレイ浮きは初期不良で無償で取り替えてもらえますが買取ショップによると初期不良で交換したiPhone6は新品として買取できないため1万円前後の減額となるそうです。

iPhone6を契約するときはここをチェック

iPhone6を契約時に端末をチェックするときは、キズの有無をチェックするだけでなく、ディスプレイ浮きがおきてないか、指で画面を軽く押してみることをオススメします。

特に四隅にディスプレイ浮きが発生しやすいそうです。

まとめ

iPhone6を契約するときは

  • キズのチェック
  • ディスプレイ浮きのチェック

をお忘れなく!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする