ドコモ口座VISAプリペイド 冬のWボーナスで1万円を攻略!

スポンサーリンク
「ドコモ口座」はケータイを使って安心・カンタンにお買い物や送金ができるドコモの電子マネーサービスです。11/1(火)~11/30(水) までの間にVisaプリペイドでお買い物をすると、3%キャッシュバック!

ドコモ口座のVISAプリペイドの冬のWボーナスキャンペーン第2弾がはじまりましたね!

このキャンペーンのすごいところは期間中にドコモ口座のVISAプリペイドカードを使うと

最大7%キャッシュバックされます。

第1弾に参加した人は7%キャッシュバック

今回初の人は6%キャッシュバック

キャッシュバック限度額は10,000円です。

つまり第1弾に参加した人なら

ドコモ口座のVISAプリペイドを140,000円使えば、10,000円キャッシュバックが確定します。

14万円も使えないよという人も実は裏ワザ使えば、14万円くらいなら意外と簡単に消化できる方法がいくつかあります。

第2弾のキャッシュバックキャンペーン期間

12月9日~12月25日まで!

第2弾のキャッシュバック適用を受けるには?

ドコモで契約している回線でドコモ口座登録を行う必要があります。

ドコモ口座を登録するにはSPモードの契約が必要ですのでお忘れなく。

次にドコモ口座のVISAプリペイドカードの

「ドコモ口座Visaプリペイド定額パックプラン」

に登録します。

最後に↓こちらの第2弾キャンペーンにエントリーが必要です。

「ドコモ口座」はケータイを使って安心・カンタンにお買い物や送金ができるドコモの電子マネーサービスです。11/1(火)~11/30(水) までの間にVisaプリペイドでお買い物をすると、3%キャッシュバック!

ここまで手続きすればキャッシュバックを受ける準備はOKです。

次はキャッシュバックの限度額10,000円を簡単に貰う方法を説明します。

10,000円キャッシュバックを簡単に貰う方法 その1

一番簡単なのは買い物で14万円使えればいいんですが、なかなかこのために無理に出費するのは大変ですよね。

「amazonギフトチャージ」

ドコモ口座 VISAプリペイドカードで購入するというのが一番簡単で手っ取り早いですね。

amazonギフト券の購入←はこちらです。

10,000円キャッシュバックを簡単に貰う方法 その2

amazonギフト券も14万円分も使い切るか自信がない人向けにはauの携帯電話代金をドコモ口座 VISAプリペイドカードで支払うという方法もあります。

auの携帯電話代金はリーマンのブログを活用している人なら簡単に10万円くらいの支払い請求があるんじゃないでしょうか。

通常はauの携帯電話の支払いは登録しているクレジットカードしか使えないのですが

例外として、登録しているクレジットカードの利用限度額がたりない場合は請求支払いになります。

この請求支払いの場合のみ、ドコモ口座 VISAプリペイドカードで支払うことが出来ます。

auの携帯電話代金の支払いは毎月の月初に確定するんですがその際に登録しているクレジットカードの利用限度額いっぱいを使っておくといいですね。

クレジットカードの限度額を使うときはnanacoチャージに使えば、チャージしたnanacoからドコモ口座に入金して、そのままドコモ口座 VISAプリペイドとして使っちゃいましょう。

nanacoカードを新規に作る人はクレジットカード登録から数日経過しないと使えないので要注意です。

ちなみにnanacoにチャージするだけでポイントがもらえるお得なクレジットカードは

リクルートカードが一番お得です。

流れをまとめると

  1. ドコモ口座 VISAプリペイドカードの第2弾キャンペーンに登録
  2. auに登録しているクレジットカードでnanacoチャージを利用限度額を使い切る
    (12月3日くらいまでに利用限度額を使い切りましょう。)
    ※利用限度額の確認はクレジットカードのWebマイページなどで確認できます。
  3. ドコモ口座の入金でコンビニ入金を選択
  4. セブンイレブンでチャージしたnanacoを使って、ドコモ口座へ入金
  5. 後日、auから請求払い書が届きます。
  6. auお客さまサポートで請求払いのクレジットカード払いを行います。

ちょっとややこしいかもしれませんがそれほど難しくはないと思います。

ドコモ口座 VISAプリペイド 冬のWボーナスは↓こちら

「ドコモ口座」はケータイを使って安心・カンタンにお買い物や送金ができるドコモの電子マネーサービスです。11/1(火)~11/30(水) までの間にVisaプリペイドでお買い物をすると、3%キャッシュバック!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする