2月のMNP弾を作るなら楽天モバイルが一押し! 『真冬のセール』開催!

スポンサーリンク
格安スマホ/SIMへ乗り換えるなら、楽天モバイル。高性能スマートフォンも続々登場!月額基本料+スマホ本体+5分かけ放題で、月額1,880円(税別・1年目)~など多彩な料金プランや、あんしんサポートも魅力!

何だかんだで楽天モバイルのセールがまたまた『冬のセール』から

『真冬のセール』

に変わって期間が延長されましたね!

楽天モバイルは最大5回線音声契約ができますが解約して枠さえ開いていれば、MNPの弾が作れるようです。

リーマンも2月、3月用に楽天モバイルでMNP弾を仕込めるだけ仕込みましたが弾不足をどうしようか悩んでいたので、楽天モバイルのセールが延長になってありがたいです♪

今月もMNPの弾にするなら楽天モバイルでしょうか。

楽天モバイルを使ってMNP弾にするには?

そろそろ2月3月ですので久しぶりにMNPに復帰する人もいるかもしれませんので少し楽天モバイルのMNP弾のことについて書いておきます。

楽天モバイルを使ってMNP弾を作るというのはどういうことかというと

楽天モバイルはスマホの格安セールが有名ですが、中でも97%オフなんていう投売り端末の格安スマホ&音声プランを購入して、端末はヤフオクや買取店にドナドナ。

そして、音声プランで契約した回線からMNP予約番号を発行するというものです。

格安スマホのセールは数百円から1万円台のものまで色々ありますが、狙うのは端末の価格が安くて、ドナドナ価格が高い機種になります。

楽天モバイルでMNPの弾にするならどの機種?

今ならどの機種がMNPの弾にするなら一番オススメか?

つまり、端末代金が安くて、端末ドナドナ価格が高いのはどの機種か?

というと、リーマンが見たところ、この2機種ですね

機種 端末価格 端末ドナ価格
ZenFone GO 780円 12,000円前後
Zenfone 2 Laser 680円(店頭のみ販売) 14,000円前後

一押しはZenfone 2 Laserなのですが、残念ながら今回はこの機種は楽天モバイルの実店舗のみの販売になっています。

そうなると1択ですね。

オススメは『Zenfone GO』

ちなみに1月にリーマンがMNP弾にしたのもこの機種です。

楽天モバイルをMNP弾にするときに一つだけ注意点があります。

それは・・・

・・・

端末代金が安すぎて、自分用に卸してしまうことです・・・

リーマンも先月1台卸してしまいました(汗)

楽天モバイルのMNP弾費用は?

楽天モバイルでZenFone GOを契約して、MNPの弾にした場合の費用は

端末代金 842円
事務手数料 3,665円
音声SIM ベーシック(初月) 1,350円
短期解約違約金 10,584円
MNP転出手数料 3,240円
端末ドナドナ -11,000円
合計(税込) 8,681円

※全て税込

MNP弾費用は全部で8,681円です。

イオンモバイルやU-mobileでMNPの弾を作っても12,000円以上かかります。

それを考えたら端末をドナドナするくらいの手間をかける価値はあるのではないでしょうか。

楽天モバイルは初月のベーシック料金が無料になりますので初月にMNPするのも翌月にMNPするのも費用は変わりません。

楽天モバイルの申込は↓こちら

格安スマホ/SIMへ乗り換えるなら、楽天モバイル。高性能スマートフォンも続々登場!月額基本料+スマホ本体+5分かけ放題で、月額1,880円(税別・1年目)~など多彩な料金プランや、あんしんサポートも魅力!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 一j より:

    mvnoの弾もcbの対象になるのでしょうか?

  2. キーパー より:

    zenfon go ヤフオクに出品したら12,500円で売れました。