特価BLの救世主!? F-05Jのdocomo withで機種変更の裏技がすごい

スポンサーリンク

リーマンのブログツイートに返信頂いた↓こちらの内容

特価BLの人にはぜひ読んでもらいたい情報だったので紹介させていただきますね!

ドコモの機種変更は特価BLの救世主!?

わかる人にはツイート内容を読んだだけでピンと来ると思いますが

これどういうことかというとなるべくわかりやすく説明するとこのような流れになります。

①特価BLでiPhone7をMNP 一括15,000円で契約
特価BLでも月々サポートが付かないのであれば契約することはできます。ただ、一括15,000円は破格の価格ですね。

②すぐにdocomo withに機種変更
特価BLでも機種変更なら割引施策を受けることができるので、docomo withに乗り換えれば永年1,500円の割引が受けれます。

ドコモの割引適用不可、別名の特価BL

ドコモは2年前から乗り換え頻度の高い利用者に対して、割引適用不可という別名『特価BL』ガ始まりました。

リーマンのブログの常連さんはほとんどの人か『特価BL』なんじゃないでしょうか。

特価BLになると、端末購入サポート機種が買えなかったり、端末購入サポートじゃない機種でも、月々サポートがつかないや各種割引施策を適用することができなくなります。

特価BLでも機種変更なら割引施策適用ができる

特価BLになるとなかなかドコモに契約する機会はなくなるんですが、特価BLの人でも機種変更だけは特価適用できます。(ただしほんとのBLの人は適用できないようです)

リーマンも特価BLですが、3月に機種変更でiPhone7を買うことができました。

もちろん、月々サポートも下取りもドコモクーポンも全部使うことできました♪

そんな機種変更に最適な機種が

ドコモの特価BLだとなかなかドコモの契約と疎遠になりがちなんですが、6月1日から始まった新しい割引施策『docomo with』を活用すると特価BLでもどんどん契約できそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. よしお より:

    維持費ゼロのWith回線増やしておいて、機種変更の良い案件があったら一旦機種変更してまたwithに戻る、の繰り返しですね。

    そうこうして2年たてば、ほぼゼロ円の弾にもなると。

    今月来月が更新時期の4回線、MNPする前の機種変更案件を探さなくては!(忘れてて そのままMNP するところでした(^_^;))

  2. とみ より:

    3月にmnpでpi特価BLで月サポ無しでしたがはじめてスマホ割とシニア特割は付きました。
    機種変更してもはじめてスマホ割りとシニア特割は継続されるみたいなので半年後に機種変更しようと考えていました。
    Withに機種変更してもはじめてスマホ割りやシニア特割が消えないならすぐにでも機種変更したいところですが公式みると重畳契約不可と書いてありますね。
    はじめてスマホ割りの途中からWithに機種変更でも消えますよねえ?

  3. とみ より:

    よく読んだら書いてありました。

    >「月々サポート」「はじめてスマホ割」「シニア特割」「ドコモにチェンジ割」「ドコモの学割2017(1,000円/月割引)」「シニアはじめてスマホ割」は重畳契約不可となります。重畳不可のキャンペーン割引契約中の回線が「docomo with」を申込んだ場合、キャンペーン割引は当月末までの適用となり、「docomo with」は翌月からの適用となります。なお、「ドコモの学割2016」「ドコモの学割2017」について、基本料割引は重畳不可となりますが、dポイント進呈(1,000pt/月)等の各種特典およびボーナスパケット(5GB/月)のみ重畳適用されます。

    Withにしたらはじめてスマホ割きえますね。

  4. みゆ より:

    月サポと違って半年制限はないわけだ
    これはすぐに対策されますな

  5. とみ より:

    機種変更の購入価格-ドナ値が番号保管で寝かせ費用を上回ればWith化もありですね。
    ドナ値が落ちれば保管とあまり変わらないかも?
    With機種の機種変更特価案件があればいいですけどねえ。