まもなく開催! 楽天モバイル祭り! 楽天スーパーSALEでMNPの弾をタダで作るチャンス!

スポンサーリンク

いよいよ9月2日から楽天モバイルのイベントデーですね。

去年に引き続き、今年も楽天モバイルの『楽天スーパーSALE』は熱いですよ!

だいたい楽天モバイルは3~4か月ペースで熱いセールを開催しているのですが今回の楽天モバイルの楽天スーパーSALEは一味違います。

いつもはタイムセール商品はかなりいいセールだけど、楽天スーパーSALE期間中の機種はもう一つだったりするんですが、今回は楽天スーパSALE期間中の機種も見逃せない機種がたんまりです。

9月はiPhone8の発売時期でもあるので、ぜひこの『楽天スーパーSALE』の楽天モバイルを活用して、MNPの弾を格安で作っちゃいましょう!

もちろん、9月だけじゃなくて、10月にau、ソフトバンクにMNPする予定の人も1カ月くらいなら寝かせても十分に格安でMNPの弾が作れるのでぜひ楽天モバイルでMNPの弾を仕入れちゃいましょう。

楽天モバイルの楽天スーパーSALEで格安のMNP弾が作れる仕組み

MNPの弾を作るというと通常はこちら↓のように

au、ソフトバンク(softbank)へMNP! MNP弾におすすめのMVNOは?
au、ソフトバンク(softbank)へ携帯電話・スマートフォンをMNPで乗り換えるのになくてはならないのがMNP予約番号。 いわ...

auのMNP用の弾ならドコモ系のMVNOを契約して、すぐにMNP予約番号を発行するというものです。SIMカードだけの契約が一般的です。

その費用には

  1. 新規契約事務手数料
  2. 初月料金
  3. 解約違約金
  4. MNP予約番号発行費用

と①~④までの費用でイオンモバイルでもおよそ12,000円程度の費用が掛かります。

これが楽天モバイルの『楽天スーパーSALE』を活用すると

楽天モバイルの契約と併せて、SIMフリーのスマートフォンが格安で買うことができます。

SIMフリーのスマートフォンだけで買うより、楽天スーパーSALEを活用すると50%オフどころか

今回はそれ以上の割引になっている商品が多数。

ものによっては90%オフという投げ売りスマートフォンもあったりますね。

この格安で手に入れたSIMフリースマートフォンは携帯買取店やヤフオクなどで楽天スーパーSALEで購入した価格以上で買取や売れてしまいます。

端末価格より買取価格が大きいので、この差額をMNPの弾費用に充てようというのが楽天スーパーSALEの楽天モバイルを活用した格安でMNPの弾を作れる仕組みになります。

今回の楽天モバイル 楽天スーパーSALEの内容は?

今回の『期間限定!楽天スーパーSALE 特別企画』の開催期間は

2017年9月2日(土)19:00~ 2017年9月7日(木) 01:59

までです。

『期間限定!楽天スーパーSALE 特別企画』のセールは二つパターンあります。

一つ目は『期間中ずっと販売している機種』

二つ目は『タイムセールの機種』

の2つのパターン

今回は一つ目の『期間中ずっと販売している機種』にも

人気機種のZenFone 3Honor 8

二つ目の『タイムセールの機種』には

HUAWEI P10 PlusHUAWEI Mate 9

などハイエンド機種が目白押しです。

ただ、タイムセール機種は販売台数が少ない機種もあるので競争率は高くなりそうですが…

タイムセールの機種はハイスペック機種が3万円台という破格の価格なので普通に自分使いようにメイン機種としても使える機種ばかりですね。

リーマンはiPhoneユーザーなので、Android機種にはそれほど心揺らがないですが、Androidユーザーの人はHUAWEIのハイエンド機種は魅力的じゃないでしょうか。

もちろん、SIMフリー機種なので全キャリア対応していますので見逃せないですね。

なんて、ラインナップだけ見てると心奪われそうになる今回の楽天スーパーSALEですがリーマンのMNP道場ブログとしては、もちろんMNPの弾としてどの機種がいいかとい話をしたいと思います。

楽天モバイルの新しい料金プラン『スーパーホーダイ』はお得か?

今回の楽天スーパーSALEは今までと違って、新しい料金プラン『スーパーホーダイ』というものが登場しています。

見慣れないプランでこれってどうなの?って思う人が多いと思いますが先に言っておきます。

MNPの弾にする・短期解約するという人は『スーパーホーダイ』は選ばないほうがいいです。

通常の料金プランで購入する場合と『スーパーホーダイ』で購入する場合を比べると断然、『スーパーホーダイ』で購入したほうがスマートフォンの端末価格が安いからお得なの?と思うかもしれませんが、MNPの弾という観点からみると『スーパーホーダイ』で購入すると損になります。

『スーパーホーダイ』とは1~3年契約の縛りが付いたプラン

『スーパーホーダイ』はスマートフォンの端末価格も少し安いですが、1~3年のプラン縛りが付いたプランです。もちろん、短期解約をすると通常の違約金とは別にさらに解除料が発生します。

縛り期間は選ぶことができますが、選んだ縛り期間に応じた違約金は

縛り期間 利用期間 違約金
1年 12カ月目以内 9,800円
2年 12カ月目以内 19,800円
13カ月目~24カ月目以内 9,800円
3年 12カ月目以内 29,800円
13カ月目~24カ月目以内 19,800円
25カ月目~36カ月目以内 9,800円

MNPの弾として利用するなら間違いなく端末の一括価格より違約金の方が割高になってしまうので、『スーパーホーダイ』での購入は行わないように注意しましょう。

MNPの弾として、オススメの機種はズバリどれか?

今回の楽天スーパーSALEのオススメ機種はもちろん買えるなら期間限定のタイムセール機種

『HUAWEI P10 Plus』

だと思います。

ただ、この機種なんですが今回はは非常に台数が少ないです。

グリーナリー:55台

ダズリングゴールド:55台

の合わせて、110台なんですよね。

この台数を取り合いとなると恐らく1台ゲットするのがやっとだと思われます。

タイムセール開始と同時に瞬殺でしたということもありえるので、MNPの弾としては厳しいかもしれませんね。

ですが、今回は『期間中ずっと販売している機種』に優良機種が目白押しです。

特に一押しはこの2機種

ZenFone 3Honor 8

です。

どちらも1万円ちょっとで買えますが、端末売却価格は30,000円以上と、端末を売却したときの差額が1万以上になります。

楽天モバイルのMNP弾費用を考えても、1万円の差額が出ればMNPの弾にかかる費用はほとんどかからなくなります。

ですので、今回の楽天スーパーSALEでMNPの弾を作るためのオススメ機種はこの2機種ですね。

全機種の端末価格と買取価格を比較

今回の楽天スーパーSALE機種は全部で12機種

それぞれの端末価格と買取価格を調べてみたので一覧にしてみました。

端末 価格 買取価格 ヤフオク 差額
honor 8 14,800円 25,000円 29,800円 -15,000円
ZenFone 3 13,800円 28,000円 29,000円 -15,200円
ZenFone Go 2,280円 5,000円 10,300円 -8,020円
ZenFone 3 Max 3,980円 6,000円 12,100円 -8,120円
arrows M03 9,800円 12,000円 18,400円 -8,600円
AQUOS mini SH-M03 12,800円 15,000円 22,800円 -10,000円
AQUOS ケータイ SH-N01 5,800円 8,000円 14,900円 -9,100円
ZenFone 3 Laser 7,980円 16,000円 17,000円 -9,020円
HUAWEI MediaPad M3 18,900円 25,000円 27,400円 -8,500円
HUAWEI P10 32,900円 38,000円 49,700円 -16,800円
HUAWEI P10 Plus 36,400円 48,000円 60,600円 -24,200円
HUAWEI Mate 9 30,400円 39,000円 48,500円 -18,100円

※9月1日の時点での買取価格です。※差額はヤフオクとの差額で計算しています。

この買取価格で見るとやっぱり一番プラスになるのは『HUAWEI P10 Plus』ですね。

販売台数も少ないのでそれほど値崩れもしないと思います。

そして、2番手、3番手は『ZenFone 3』『Honor 8』と続きます。

『ZenFone 3』、『Honor 8』は今の段階ではどちらも甲乙つけがたい価格差ですが今後の買取需要からみるとリーマンの予想では『ZenFone 3』の方がいいのでは?と思います。

ZenFone 3はまだまだ人気機種なのでヤフオクでも買い手が付きやすい機種ですのでオススメかもしれないですね。

ZenFone 3をMNPの弾にしたときの費用は?

リーマンのブログ恒例のMNP弾の費用の詳細です。

今回の楽天スーパーSALEは新規契約事務手数料が無料になるのでかなりお得ですので参考にしてください。

端末代金(税込) 14,904円
事務手数料 0円
音声ベーシック 1,350円
短期解約違約金 10,584円
MNP転出手数料 3,240円
端末売却 -28,000円
合計 2,078円

※端末ドナドナ価格はヤフオクの9月1日の時点の価格

MNP弾費用

たったの2,078円!

これは見逃せない案件ですね。

楽天モバイルは一人5回線まで契約できます!

ただし、過去2ヶ月間に契約したことがある人は支払い実績2回分が付くまで解約しても回線枠はかないようですのでご注意を。

と言っても、7月、8月はたいしたセールでもなかったので、5回線枠空いている人が多いんじゃないでしょうか。

リーマンも5回線全力で購入したいと思っています!

『期間限定!楽天スーパーSALE』は↓こちら!

格安スマホ/SIMへ乗り換えるなら、楽天モバイル。高性能スマートフォンも続々登場!月額基本料+スマホ本体+5分かけ放題で、月額1,880円(税別・1年目)~など多彩な料金プランや、あんしんサポートも魅力!
楽天モバイルの購入はこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ヤスダ より:

    わー!リーマン様の解説待ってました!いつもわかりやすい計算まで載せて下さりありがとうございます。

    近頃のauの解約新規お断りで枠空きから契約までのロスが気になっていますが、これだけ安く作れたら少し先の分仕込んでも良さそうですね。

    • リーマン リーマン より:

      >>ヤスダさん
      いつも読んでいただきありがとうございます!
      無事ゲットできたでしょうか??
      今回は競争率激しかったので、スタートダッシュで購入しないとダメだったようです。

  2. ヤスダ より:

    お陰様でzenfone3は2台いけましたが、後のタイムセールは全滅です。昨日も今日も一瞬でしたね。あした最後に頑張りたいです。

  3. キーパー より:

    ヤッタ!2台ゲット!

    • リーマン リーマン より:

      キーパーさん
      おめでとうございます!
      2台ゲットはスゴイですね!
      リーマンもなんとか1台だけゲットできました♪
      やっぱり台数多いとスタートダッシュすれば何とかなりますね。