ドコモ(docomo)のSPモードがSIMフリースマホからでも利用可能に!

スポンサーリンク

ドコモのSPモードがSIMフリーでも利用可能に

これまでドコモのSPモードはドコモ以外の端末からは使うことができませんでしたがついにSIMフリー端末から使うことができるようになりました!

※本記事はカケホーダイ、データ(スマホ・タブ・ルーター)などのXi契約が前提です。

これ、どういうことかというと

今までドコモのSIMカードをSIMフリー端末で使おうとすると「SPモード」のオプション契約ではなくて、「mopera U」というオプション契約が必要でした。

これが意外と知らない人が多くて、ドコモのSIMカードを差してもつながらないし使い方がよくわからない…

結局、ドコモのSIMカードは放置という方が多かったと思います。

でも、これからは「mopera U」オプションを契約しなくても「SPモード」のまま、SIMフリー端末で使えるようになりましたね。

SIMフリー端末でSPモードを使うには?

当然ですが、契約しているドコモ回線で「SPモード」が契約されていることが前提です。

「SPモード」は完全日割りなので1日だけ契約して、翌日解約しても2日分の料金20円くらい?しかかからないので気軽に試せます。

APNの設定

SIMフリー端末の設定からモバイルネットワークのアクセスポイントの設定を探しましょう。

見つけたら次のアクセスポイントを設定します。

名前: spmode.ne.jp(好きな名前を付けてOK)
APN: spmode.ne.jp
ユーザー名: spmode
パスワード: spmode
認証タイプ: CHAP

実際にやってみた!

ルータに使ってたソフトバンク回線を全部2段階にしちゃったので寝かし放置していたドコモ回線にSPモードをつけて試してみました。

よく使っているワイモバイルのSIMフリールーターの名機といえば

GL06P

「GL06P」

LTE通信に対応してて、しかもヤフオクで3000~4000円前後

手に入るのでオススメです!

こちら↓↓ヤフオクの価格が見れます。

GL06PのAPN管理画面でSPモードのAPNを設定

 gl06p_spmodesetting

で早速、接続を変えてみると…

つながりました♪

gl06p_connected

SPモードでもつながるってなんか嬉しいですね。

これで新しく契約した回線のSPモードも有効利用できるようになりますね。

「SPモード」と「mopera U」の違い

mopera Uには

データ回線用の「mopera U シンプルプラン/200円」

音声回線の「mopera U スタンダードプラン/500円」

あります。

データ回線の場合は「mopera U シンプルプラン」で利用する方がいいですが

音声回線でSIMフリースマホを使う場合はSPモードの方が断然いいですね。

「SPモード」は月額料金が300円(税抜)

「mopera U」スタンダードプランは月額料金が500円(税抜)

200円ほどの違いですが、「SPモード」の方が安いですね。

そして、LTE接続の安定具合も「mopera U」に比べて「SPモード」の方がつかみやすいようです。SPモードならLTEを掴む場所でもmopera UではLTEを掴めないときがありました。

こちらの記事もオススメです。

脱キャリアメールをしてお得にMNP
メールアドレスを変えずにMNP今では当たり前のように電話番号は変わらずにドコモからauへ、auからドコモと携帯会社(キャリア)を乗り換えるこ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする