端末出荷作業 特集その1! iPhoneのホームボタン操作を画面タッチで行う

スポンサーリンク

端末出荷作業って、結構面倒なんですよね。

特集その1とか書いておきながらその1で終わったらごめんなさい(笑)

でも、なんだかんだいって色々小ネタありそうなので一応シリーズネタにしておきますね。

よい案件を見つけて契約するまではホクホク♪気分なんですが、契約が終わって後処理になるととたんにゲッソリしてしまうのはリーマンだけでしょうか。

端末出荷作業ってだいたいやることは決まってるんですが結構面倒なんですよね。

その中の一つ、端末ドナドナする前のiPhone端末の操作の小ネタです。

もちろん、保守機で済ます人は気にしなくてOKです。

端末ドナドナをするときに端末初期化などをしなければならないんですがその際に端末の保護シールをはがさないように細心の注意を払わなければなりません。

iPhoneのホームボタンの保護シール

iphone6new

このiPhoneのホームボタンの部分の保護シールって結構お邪魔なんですよね。。

ホームボタンを押すと保護シールが剥がれそう…

でも、ホームボタン操作はしないといけない…

そんなジレンマを解決するいい方法があります。

ホームボタン操作を画面タッチで行う

iPhoneはホームボタンの操作を画面タッチで行う機能があります。

「AssistiveTouch」

という機能

ホームボタン操作を画面上に丸いメニューを表示させてかんたんに行えるようサポートする機能があります。

「AssistiveTouch」の設定

AssistiveTouch を設定する手順

ステップ 1

「設定」を押します。

fig_step_setting_01

ステップ 2

「一般」を押す。

fig_step_setting_02

ステップ 3

「アクセシビリティ」を押す。

fig_step_setting_03

ステップ 4

アクセシビリティの項目から「 AssistiveTouch 」を押す。

fig_step_setting_04

ステップ 5

「 AssistiveTouch 」をオンにする。

fig_step_setting_05

ステップ 6

画面上に◎が表示される。

fig_step_setting_06

ステップ 7

◎を押すと操作メニューが表示されて、ホームを押すとホームボタンと同じ操作になる。

fig_step_setting_07

これを初めに設定すればホームボタンは押さなくても操作できて保護シールが剥がれるかもというドキドキ感もさよならできます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする