LTEプランのみ廃止で維持費増! auを契約するなら「auにかえる割スーパー」のiPhone6?それともAndroid機種?

スポンサーリンク

auを契約するならiPhone6?それともAndroid機種?

条件が月またぎなので、最短維持期間をLTEフラットを必ずつけなければなりません。

つまり、LTEプランのみの934円運用がこれ以降、受け付けてもらえなくなります。

既にLTEプランのみに変更済みの場合は関係ありませんが、これから契約する場合は大いに関係あります。

今、auにMNPするならアンドロイド機種かiPhone6か迷うところですね。

iPhone6は「auにかえる割スーパー」が付きますが、購入サポート特約なしのアンドロイド機種は「auにかえる割スーパー」が付きません。

ためしに本日の案件を2台契約するとして、5カ月間維持で比較してみましょう。

本日の案件で計算してみた

案件は携帯SHOP ヴィクトリー高円寺店で比較してみます。

MNP時の初期費用などのどちらもかわらない費用は省きます。

携帯SHOP ヴィクトリー高円寺店 (@victory_koenji)さんの最新ツイート 高円寺の激安ケータイSHOP!!地域一番、他店よりも好条件!! 価格ご相談ください!ご来店お待ちしております♪ JR高円寺駅【南口】パル商店街内徒歩2分 ダイソーのすぐ近くです! ☎︎03-5307-8088 営業時間 11:00...

iPhone6 16GBの収支

CB額:11.6万円(商品券86000円+かえる割30000円+スマ得6000円)

端末評価額:49000円

購入サポート特約なし減額:16000円

5か月維持費(LTEフラットからデータ定額3):42000円

合計:107000円

HTV31の収支

CB額:12.2万円(商品券116000円+スマ得6000円)

端末評価額:25000円

5か月維持費(LTEフラットからデータ定額3):51000円

合計:96000円

収支を比較した結果

iPhone6 16GB 案件が+107000円

HTV31案件が+96000円

つまり

iPhone6の方が11000円お得なのがわかりますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする