ドコモのおかえりボーナス適用の裏技

スポンサーリンク

ドコモのおかえりボーナス適用の裏技

いま、ドコモにMNPでPIするとき、おかえりボーナスが適用するかしないかで2万円近くかわります。

おっ!?ドコモ iPhone6が一括0円だ!

って思っても「おかぼ」適用は必須なのでおかぼがないと一括21600円になっちゃいますよね。

あぁ、とおもってあきらめる方もいるのじゃないでしょうか。

でも、ちょっと待ってください。

実はおかぼ適用はいろいろと裏技があるんですよね。

一つ目はこちらの記事で紹介しました。

ドコモのおかえりボーナス 名義違い適用されない?

これは名義違いをなんとかする裏技でしたが

今度はドコモの契約履歴がない回線におかぼを適用させる裏技です。

ドコモに契約履歴がない回線におかぼを適用するには

やり方は簡単です。

以前、ドコモで契約していて解約した回線の電話番号とおかぼ適用の旨を書くだけ。

名義が違うとダメですが、名義が同じなら

申し込み用紙の余白に

①以前解約した回線の電話番号

②おかぼ適用

を書いてもらえばOKです。

知らない店員やセンターはできないと言うかも知れないですが、そこはなんとかお願いしてみましょう。

通してもらえれば適用されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 秦泉寺洋子 より:

    15年docomoの携帯を利用していましたが、4年前にauに変えました。お帰りどこdocomoにしたら契約年数も戻ることになるのであれば、戻りたいと思うのですが、検討お願い致します。

    • リーマン リーマン より:

      秦泉寺洋子さん
      契約年数が戻るという話は聞いたことないですね…
      リーマンも解約して戻ったら契約年数は初期化されてましたよ。