ドコモが2月からiPhone6sを値上げ… シェアパック7GBを発表

スポンサーリンク

まだドコモからのプレスリリースは出てませんが産経Bizで既に上がってますね。

2月1日からiPhone6sなどの最新機種「実質0円」から1万円引き上げるそうです。

今のiPhone6sの「実質0円」の仕組み

端末代金を家族まとめて割やのりかえボーナスと月々サポートで割り引くから実質0円ですよ
っていう仕組みです。

実際、ドコモオンラインでiPhone6sをMNPした場合の端末代金と割引額を計算してみましょう。

割引はのりかえボーナスだけを適用

iPhone 6s 16GB 64GB 128GB
分割支払金(24回)
(現金販売価格/支払総額)
3,888円/月
(93,312円)
4,158円/月
(99,792円)
4,158円/月
(99,792円)
月々サポート(24か月)
(割引総額)
-3,456円/月
(-82,944円)
-3,186円/月
(-76,464円)
-2,646円/月
(-63,504円)
のりかえボーナス -10,800円 -10,800円 -10,800円
実質負担金(総額) -432円 12,528円 25,488円

iPhone6s 16GBが実質負担額が-432円と実質0円以下になっているのが分かります。

2月からはどうなるか

販売奨励金は継続するので月々サポート、のりかえボーナスの割引額が減額されると思われます。

ただし!ここ重要

最新機種の実質0円はやめるが最新端末以外の旧モデルは実質0円端末も残る見通しだそうです。

iPhone6などのキャンペーンは残りそうですね。

シェアパックに新しく7GB前後の料金プラン登場

さらにシェアパックの料金プランに新しく7GB前後が登場するそうです。

これは料金が安くなるけど、いろいろ縛りがありそうですね。

リーマンとしては

上記全て対応してもらっても構わないです。

特価BLの廃止さえしてくれれば…

日経Bizの記事はこちら

 NTTドコモは2月1日から、米アップルの最新スマートフォン「iPhone(アイフォーン)6s」の販売価格を現在の「実質0円」から約1万円に引き上げる。メモリーが16ギガバイトのモデルは実質0円の販売が常態化しているが、毎月の通信料金から約3500円割り引く「月々サポート」を見直して約1万円上乗せする。携帯電話大手3社...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ワイ より:

    特価は2年無くならないでしょう。
    そんな引き上げをして林檎精査はどうなることやらwww

  2. たろう より:

    本当に特価さえなくなれば何でもいいです。笑
    ドコモのいい案件が目の前にあって、auを解約する虚しさはハンパないですからねー

    そういえば、名義変更しかしたことのない父が特価ブラックだった衝撃はハンパなかったです。
    mnp、新規、機種変更いずれもなし。。。

    ドコモさん厳しすぎますって!!

    • リーマン リーマン より:

      たろうさん
      特価BLの名義汚しですよね。
      12月からそういう報告も上がってますよね。乞食じゃない一般の人にも影響がでてるようですのでどこかで多少の見直しを入れて欲しいですね。