新規・機種変更のiPhone下取りプログラムの裏ワザ! 改変が痛いワケ

スポンサーリンク

新規・機種変更のiPhone下取りプログラムがふさがるのは結構痛いですね。

詳しくはこちら↓↓の記事参照

!注意! ドコモがiPhone下取りプログラムの条件を書換えてきました
ドコモがiPhone下取りプログラムの条件を一度公式ページとして公開した内容をわからないように書き換えてますのでご注意ください。iPhone...

それにしても、ドコモはどんどんバックドアをふさいできているようです。

iPhone下取りプログラム

こちらの変更前までドコモの端末購入があれば、基本的にすべて利用できました。

これを使ったちょっとした裏ワザがありました。

iPhone下取りプログラムを使った裏ワザ

たとえば、ガラケー新規一括0円案件などですが

ガラケー割引施策は一切なし新規一括0円で契約できます。

つまり特価BLでも新規一括0円です。

そこにiPhone下取りプログラムを組み合わせると

たとえば、iPhone5を下取り利用した場合の収支を見ると

新規契約手数料 3240円
維持費 4,704円(784円x6)
下取り端末代 1,2000円
下取りポイント -21,000円
端末ドナドナ -12,000円
合計 -13,056円

後はauへのMNP弾にするのみいいですし、自分用に使うのもいいですし、純解約してもマイナスになることはありません。

とお得な案件なってガラケー新規一括0円は人気の案件でした。

この下取りポイントが今回の改変で-21000円から-3000円になった訳ですね。

今週末がラストチャンス!

店舗によっては、まだ改悪前の下取りプログラムで対応していますので

今週末いっぱいがラストチャンスになりそうですね。

リーマンのブログでもガラケー新規一括0円案件はどんどん紹介していきます!

特価BL判定されて、準備していた下取りiPhoneが余ってる方はチャレンジされてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たまご より:

    そのiPhone5を安く手に入れるのが難しいですね。

    • リーマン リーマン より:

      たまごさん
      なかなかiPhone5は仕入れが難しいかもしれないですね。
      以前、ヤフオクのポイントセールのときとかに大量に仕入れたりしていた人はいたみたいです。

  2. おさの より:

    まだ機種変下取受け付けているDSあるんですか?
    けっこうかけたけど、全くなしです。どのあたりでしょうか?

    • リーマン リーマン より:

      おさのさん
      リーマンも電話で何件か聞いてみましたがダメですね。
      公式ページが更新された時点で厳しくなったかもしれません。