ウワサのヘッドマウントディスプレイを体験してきた件

スポンサーリンク

2016年はヘッドマウントディスプレイを使ったVR(ヴァーチャルリアリティ)が熱いですね。

・3月28日に発売の「Oculus Rift(オクトキュラス)」

OculusRift

・4月5日に出荷の「HTC Vive」

htcvive

とかなり本格的なVRを楽しめるヘッドマウントディスプレイが登場します。

「Oculus Rift(オクトキュラス)」は秋葉原にあるG-Tune直売店で体験もできます。

先日、ちょうどリーマンも秋葉原に行く用事があったので

今話題のヘッドマウントディスプレイをちょっと体験してきましたよ!

Oculus Rift を体験できる秋葉原G-Tune Garage

gtuneakihabara

初めて、秋葉原 G-Tune Garageに来ましたが

1階がハイスペックPCの体験コーナーになってて

店頭に例の「Oculus Rift(オクトキュラス)」

がおいてありました。

2人待ちでしたが、ぜんぜん余裕でちますよ!

店頭で置いていたデモは↓↓こちら

2人待ちなんてあっという間なので、早速リーマンの順番がまわってきました。

ドキドキしながらヘッドマウントディスプレイを頭に付けると・・・

Youtubeを見ただけじゃわからないですが、本物のヴァーチャルな世界ですよ。

横を見ると真横の風景、後ろを見ると後ろの風景

現実だと当たり前なんですが、VRで見るとなんともいえないです。

ジェットコースターが動き出すと

ジェットコースターが動き始めると、本物に乗っている感じです。

上に昇っていって・・・

一気に急降下!

あのジェットコースターで胸が「ヒュッ」となる感覚がそのまんまになりますよ。

さらに左をみると隣にさりげなく相方が乗ってます(笑)

VRもココまできたんだな~と関心しちゃいました。

体験して気付いたこと

あっという間のヘッドマウントディスプレイ体験ですが

体験しみると、そのクオリティの高さに驚きますが

終わった後にクラクラと、3Dならではの3D酔いがありました。

これって慣れるっていうけどどうなんでしょう??

あとはヘッドマウントをつけるので外界がまったく見えません。

並んでる時に前につけていた人を見ると、あっちをみたりこっちをみたり

待っている人をじっと見つめてたりとかなり恥ずかしい感じです。

動いたりするものをする時は回りにすごく注意が必要だと思います。

4月2日出荷のHTC Viveは3D酔い対策済み

ヘッドマウントディスプレイは3D酔いが最大の問題のようですが

4月2日に出荷されるHTC Viveは3D酔い対策がされているようです。

(急激な画面移動を抑えて、酔いを軽減)

実施に↓↓こちらYoutubeの映像を見たらよくわかります。

どちらもお値段は10万円前後しますが、iPhone6sだって定価は10万円近くしますからそう考えれば??

う~ん、HTC Viveは3D酔いしないならリーマンの物欲センサーも反応しちゃいますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする