スマホの販売台数が激減!? 実質0円廃止の影響はここまで酷い

スポンサーリンク

総務省が2月から大手キャリアに対して実質0円、キャッシュバックを禁止しましたが

2月のスマートフォン・iPhoneの販売台数が去年に比べて、

とんでもなく激減していることがBCNで発表されましたね。

去年と同じ月の販売台数を比較

201603zennenhi

2月の販売台数前年比が

au:67.6%

softbank:77.0%

docomo:68.6%

3~4割も販売台数が一気に激減しているのがわかります。

リーマンもブログの記事を書いててわかりますが圧倒的に案件が少なくなってますし

去年に比べて、盛り上がりがぜんぜん足りません。

3月に入ってすこしは上向きになってきましたが、それでも少ないことには変りありませんね。

このままでは3月の販売台数はさらに悪くなりそうです。

一年で一番スマートフォン・iPhoneの販売が盛り上がる時期

3月中盤から後半にかけてはぜひ、au、softbank、docmoには頑張ってもらいたいですね。

BCN記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする