スポンサーリンク

ドコモの90日ルール(買い回り)を攻略

もうドコモへのMNPがなれてるベテランさんにはそれほどたいしたことはないですが、まだまだ初めてそれほど立ってない方はドコモにMNPするときにはじめに立ちふさがるのがこの90日ルールではないでしょうか?

90日ルールは別名で買い回りともいいます。

この記事では90日ルールをわかりやすく説明します。

スポンサーリンク

90日ルールとは?

ドコモに新規に契約するときに一度に契約できる回線数に制限があります。

新しく契約しようとしたとき、過去90日以内に2回線以上の新規契約があると契約できません。

これを90日ルールといいます。

<90日ルールで契約できないケース>

90rule_ng

<90日ルールにならないケース>

90rule_ok

90日ルールは契約の種類ごとに発生

 90日ルールは音声回線、データ回線、フォト回線

それぞれの回線ごとに制限があります。

音声回線で2回線契約した場合は、音声回線の契約数にカウントされますが、

データ回線、フォト回線の契約数にはカウントされませんので新規に契約することは可能です。

音声回線からデータ回線に契約変更した場合は音声回線の契約数のカウントが消されて、データ回線に契約数がカウントされます。これを買い回りが移動したといいます。

例えば

90日以内に契約した回線の契約を

カケホーダイからデータにプラン変更すると

プラン変更した回線は音声回線ではカウントされなくなり、

データ回線として新しくカウントされます。

残念ながら買いまわりの移動はできなくなりました。

MNPによる新規の音声回線は90日ルール関係なし

ただし、音声回線のみ特例があって、MNPによる新規の音声回線契約は90日ルールが解除されることがあります。

2015年に入って、この特例はずっと適用されていますのでMNPによる新規の音声回線契約は90日ルールに関係なく、短期間に何回線でも契約することができます。

※稀に90日ルール復活?などと噂されますがたいてい誤情報か不慣れな店員によりはじかれたりのケースと思われます。

90日ルールを避けるには?

90日ルールを避けるには二つの方法があります。

残念ながら90日ルールは下記方法をとっても回避できなくなりました。

音声回線を2回線契約したら次に契約できるのは90日後になります。

長期回線の提示

90日ルールに引っかかったとき、既存の回線で長期回線を提示すると90日ルールを避けることができます。

長期回線とは、契約後3ヵ月以上経過した回線をいいます。

もちろん、音声なら既存の音声回線で3ヵ月以上経過した回線

データなら既存のデータ回線で3ヶ月以上経過した回線

と契約種別ごとに長期回線が必要です。

預託金を積む

90日ルールを避けるもう一つの方法は預託金を払う方法になります。

預託金の額はいろいろで相場は5万円、人によっては10万円ということもあるそうです。

預託金は3~4ヶ月後に指定口座に返金されるか、解約時に返金されることになります。

預託金とは?

ドコモ回線を契約するときに回線数が多いと稀に預託金として10万円を預けるように言われることがあります。

預託金はたいていの場合、ドコモで長期回線もっていれば、提示すれば回避可能ですが

どうしても預託金が必要なときは預けてもいいのではないでしょうか。

最短で3ヶ月程度、長くて1年で必ず振込口座宛に返金されますので契約のチャンスを逃すよりはリーマンはいいと思っています。

ドコモの90日ルールで気をつけるのは

MNPは現在、90日ルールが関係ないですのでそれほど気にする必要はありませんが

カケホーダイをデータプランに変更するときに90日ルールに引っかかることがよくありますので、長期回線の提示か預託金などを積んで回避しましょう。

最後に

じつはこの90日ルール、厳密に運用されていません(笑)

リーマンもカケホーダイをデータプランに変更するのに90日ルールに引っかかるにもかかわらず、ドコモショップでお願いするとするっと契約変更できたりします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 名無し より:

    トシ(o^^o) より:

    9月20日 12:51 PM

    いつも記事を参考にさせて頂いています。 docomoをMNPで今月2日1回線契約し、本日20日にMNPで2回線契約するつもりが、1回線しか契約出来ませんでした。やはり同一月でMNPでも2回線しか契約出来ないのでしょうか。月々サポートの関係で早急にMNP5回線にしたいのですが、今度はいつ契約に行けばよろしいでしょうか?良きアドバイスをお願い致します。

    返信

    リーマン より:

    9月20日 12:52 PM

    >>トシ(o^^o)さん
    この記事90日ルールに書いてる通りですよ~
    90日後にどうぞ

    MNPによる新規の音声回線は90日ルール関係なし

    ただし、音声回線のみ特例があって、MNPによる新規の音声回線契約は90日ルールが解除されることがあります。

    2015年に入って、この特例はずっと適用されていますのでMNPによる新規の音声回線契約は90日ルールに関係なく、短期間に何回線でも契約することができます。

    ※稀に90日ルール復活?などと噂されますがたいてい誤情報か不慣れな店員によりはじかれたりのケースと思われます。

    これはデマなん?

  2. トシ(o^^o) より:

    早速の返信ありがとうございます。90日後に追加2回線行ってきます.

  3. トシ(o^^o) より:

    いつも記事を参考にさせて頂いています。 docomoをMNPで今月2日1回線契約し、本日20日にMNPで2回線契約するつもりが、1回線しか契約出来ませんでした。やはり同一月でMNPでも2回線しか契約出来ないのでしょうか。月々サポートの関係で早急にMNP5回線にしたいのですが、今度はいつ契約に行けばよろしいでしょうか?良きアドバイスをお願い致します。

  4. よしお より:

    契約してほぼ1年の回線ばかりなのに、何故90日ルールに引っかかったと思ったのでしょう?謎だ。。。

  5. とっちゃ より:

    初めまして
    4回線持っています。
    4回線とも契約して1年前後になります。
    9月にMNP似て新規契約したところ使用実績が無いとのことで審査に落ちました。
    考えられるところでは水没して機種変更をしてから2年10ヶ月の端末があるので
    90日ルールで引っかかったのかなぁと思っていますがどうなんでしょ?(^_^;
    4回線目までは審査に引っかかったことはありませんでした。

    • リーマン より:

      >>とっちゃさん
      90日ルールとは関係なく、使用実績がないということは契約後の課電等一切していなかったので単純にブラックリスト入りとかじゃないでしょうか。

  6. run より:

    やはり、3回線目はアウトでか!
    2回線目の預託金が今ひとつ納得行かないです。

    また、来年になったら考えますので、これからも情報よろしくお願いします。

  7. よしお より:

    トータル2回線目の預託金は理由が分かりませんが、トータル3回線目はモロに90日ルールに引っかかっているだけだと思います(少し下に最近は厳格に適用されているというコメントあり)。

  8. run より:

    いつもいろんな情報ありがとうございます。

    今月10日にiPhoneX 1回線MNPにて契約、16日にiPhoneX 2回線MNPにて契約の予定でした。
    ドコモショップにて、審査の結果、1回線は預託金があればOK、2回線目はムリですとのことでした。
    担当者いわく、1回線目契約から90日以降で無いと難しいのでは?とのことでした。(担当者のかんがえですが)
    90日ルールが、まさか? でした。

    • リーマン より:

      >>runさん
      今月合計3回線ですか?
      10日に1回線目
      16日に2回線、3回線目
      だと3回線目は買いまわりでアウトだと思いますよ。

  9. yado より:

    こんにちは、久しぶりのコメントです。

    MNPによる新規の音声回線は90日ルール関係なし

    これは今も有効なんでしょうか?
    あえてこれは線消しがなかったので聞いてみました。

  10. にっしー より:

    98日前にMNP音声3回線契約しまして、今回タブレットに挑戦しました。
    全部データのつもりでしたが、3回線は難しいとのことで、おねいさんの提案でまずデータ2回線、続いて音声1回線で無事手続完了、その後4回線目は審査が必要とのことで、家族は何人?と訊かれて4人と答えましたが、あえなく敗退しました。
    最近どこかで90日ルールが非常に厳しくなったとか見ましたが、これが関係するのでしょうか?