ドコモの90日ルール(買い回り)を攻略

スポンサーリンク

もうドコモへのMNPがなれてるベテランさんにはそれほどたいしたことはないですが、まだまだ初めてそれほど立ってない方はドコモにMNPするときにはじめに立ちふさがるのがこの90日ルールではないでしょうか?

90日ルールは別名で買い回りともいいます。

この記事では90日ルールをわかりやすく説明します。

90日ルールとは?

ドコモに新規に契約するときに一度に契約できる回線数に制限があります。

新しく契約しようとしたとき、過去90日以内に2回線以上の新規契約があると契約できません。

これを90日ルールといいます。

<90日ルールで契約できないケース>

90rule_ng

<90日ルールにならないケース>

90rule_ok

90日ルールは契約の種類ごとに発生

 90日ルールは音声回線、データ回線、フォト回線

それぞれの回線ごとに制限があります。

音声回線で2回線契約した場合は、音声回線の契約数にカウントされますが、

データ回線、フォト回線の契約数にはカウントされませんので新規に契約することは可能です。

音声回線からデータ回線に契約変更した場合は音声回線の契約数のカウントが消されて、データ回線に契約数がカウントされます。これを買い回りが移動したといいます。

例えば

90日以内に契約した回線の契約を

カケホーダイからデータにプラン変更すると

プラン変更した回線は音声回線ではカウントされなくなり、

データ回線として新しくカウントされます。

MNPによる新規の音声回線は90日ルール関係なし

ただし、音声回線のみ特例があって、MNPによる新規の音声回線契約は90日ルールが解除されることがあります。

2015年に入って、この特例はずっと適用されていますのでMNPによる新規の音声回線契約は90日ルールに関係なく、短期間に何回線でも契約することができます。

※稀に90日ルール復活?などと噂されますがたいてい誤情報か不慣れな店員によりはじかれたりのケースと思われます。

90日ルールを避けるには?

90日ルールを避けるには二つの方法があります。

一つ目は

長期回線の提示

90日ルールに引っかかったとき、既存の回線で長期回線を提示すると90日ルールを避けることができます。

長期回線とは、契約後3ヵ月以上経過した回線をいいます。

もちろん、音声なら既存の音声回線で3ヵ月以上経過した回線

データなら既存のデータ回線で3ヶ月以上経過した回線

と契約種別ごとに長期回線が必要です。

預託金を積む

90日ルールを避けるもう一つの方法は預託金を払う方法になります。

預託金の額はいろいろで相場は5万円、人によっては10万円ということもあるそうです。

預託金は3~4ヶ月後に指定口座に返金されるか、解約時に返金されることになります。

ドコモの90日ルールで気をつけるのは

MNPは現在、90日ルールが関係ないですのでそれほど気にする必要はありませんが

カケホーダイをデータプランに変更するときに90日ルールに引っかかることがよくありますので、長期回線の提示か預託金などを積んで回避しましょう。

最後に

じつはこの90日ルール、厳密に運用されていません(笑)

リーマンもカケホーダイをデータプランに変更するのに90日ルールに引っかかるにもかかわらず、ドコモショップでお願いするとするっと契約変更できたりします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. にっしー より:

    98日前にMNP音声3回線契約しまして、今回タブレットに挑戦しました。
    全部データのつもりでしたが、3回線は難しいとのことで、おねいさんの提案でまずデータ2回線、続いて音声1回線で無事手続完了、その後4回線目は審査が必要とのことで、家族は何人?と訊かれて4人と答えましたが、あえなく敗退しました。
    最近どこかで90日ルールが非常に厳しくなったとか見ましたが、これが関係するのでしょうか?