2月からドコモの90日ルールがさらに厳しく!! 3月契約する人は注意!

スポンサーリンク

ドコモの90日ルールですが、2月から非常に厳しくなっているのはご存知でしょうか??

リーマンもドコモの契約はすっかりしなくなってしまったんで忘れてたんですが

2月からドコモの90日ルールが非常に厳しくなっています。

1月までの90日ルールの詳細は↓↓こちら

ドコモの90日ルール(買い回り)を攻略
もうドコモへのMNPがなれてるベテランさんにはそれほどたいしたことはないですが、まだまだ初めてそれほど立ってない方はドコモにMNPするときに...

2月からの90日ルールは?

これまでの90日ルールからさらに厳しくなりましたが

どの辺がかわったか簡単に説明します。

長期回線の提示では90日ルールの突破はできない

これまでは90日ルールに引っかかっても、契約3ヶ月以上の長期回線を提示すれば問題なく契約できました。

しかし、2月からは長期回線を提示しても

90日ルールに引っかかると契約できません

音声回線をデータ回線に変更しても買い回りは動かない

これまでは90日以内に音声回線を2回線契約しても、データプランにプラン変更すれば

90日ルールは音声からデータに移りました。(買い回りが音声からデータに移行)

その後、さらに音声回線を契約できましたが、2月からこの買い回りも変っています。

音声回線を2回線契約したあと、データプランに変更しても

買い回りは音声2回線のままかわりません。

つまり、90日以内新規契約できる回線数音声データそれぞれ2回線までです。

預託金を積んでも契約できない

以前は90日ルールに該当しても預託金を50000円~100000円ほど預けることで契約することができました。

2月からは90日ルールに引っかかると預託金を積んでも契約できません

音声プラン←→データプラン

以前は買い回りは新規に契約した時のみに発生しましたが、

2月からは

・音声プランデータプランに変更

・データプラン音声プランに変更(151で変更できることを確認)

のプラン変更をしただけでも買い回りが発生します。

90日は2月以前の遡りも判定

2月から新規に90日ルールが適用されるのではなく、2月以前に契約した回線数もカウントされます。

例えば

1月に音声を2回線契約した人は4月まで音声契約はできません

90日ルールも完全ではない!?

基本的には90日ルールは厳しくなっています。

審査通してみても落ちることが多いですが、たまに90日ルール適用できない例もあるようです。

しかし、以前のように3月に同じ名義で5回線埋めようと考えていると痛い目にあいますのでご注意くださいね!

オススメ記事

ドコモの90日ルール(買い回り)を攻略
もうドコモへのMNPがなれてるベテランさんにはそれほどたいしたことはないですが、まだまだ初めてそれほど立ってない方はドコモにMNPするときに...

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. zzz より:

    1月、MNP2回線契約。
    今週、データ→音声変更(151)は大丈夫でした。

    • リーマン リーマン より:

      zzzさん
      そうみたいですね、店頭ではできないといわれことが多いみたいですがやってみるとできるようですね。

  2. Takky より:

    家族間で名義変更した場合、枠は空くと思うのですが、買い回りはどうなるのでしょう?
    音声回線をデータ回線に変更しても買い回りが動かない事を考えると、名義変更では、買い回りも動かないと考えた方が良さそうでしょうか?

    • リーマン リーマン より:

      Takkyさん
      以前なら問題なく契約できましたが今はどうでしょうか。
      買い回り結構きびしくなってますからね。

      • Takky より:

        リーマン様、コメントありがとうございます。
        特価BLだけは避けたいところなので、危ない橋は渡らないことにいたします。それにしても最近のdocomoは良い案件自体が無くて、正直、買い回りの心配どころではないのが悲しいですね。

        • リーマン リーマン より:

          Takkyさん
          まさに特価BLの心配が一番なんですよね。
          といってもリーマンはばっちり特価BL1期生ですが(汗)

          • Takky より:

            名義変更の件、自らDSにて検証して参りましたので、ご報告です。
            1月にMNPで音声契約し、まだ90日経過していない回線を家族内で名義変更したところ、アラジン上で新たに音声契約できるようになっておりました。どうやら名義変更によって買い回りは移動するような感じです。これが事実としたら、枠空け買い回り移動には、データ化よりも名義変更がより有効な手段になるかもしれません。
            ただし、あくまで1月に契約した回線ですので、2月以降に契約した回線でどのような取り扱いがなされるかは、まだわかりません。
            リーマン様始め、皆様のご参考になれば幸いです。

          • リーマン リーマン より:

            Takkyさん
            名義変更で買い回りが移行したとのこと、貴重な情報ありがとうございます!
            名義変更も家族ないなら割と特価BLにも影響なさそうな感じですね。

          • Takky より:

            ご報告、続報です。
            本年1月に音5回線PI、データ2回線契約しました(これまでdocomoとの契約実績無し)。
            90日経過前の音2回線を家族に譲渡(名義変更)し、空いた枠に、4月後半に新たに音2回線PIを試みたところ、無事開通、割引施策もフル適用でした。4ヶ月の間に音7回線PI+データ2回線新規が、割引施策フル適用で開通したことになります(解約(PO)実績はゼロです。)。
            家族内名義変更で買い回りだけでなく、PI実績も移動するのかもしれません(あくまで想像ですが)。特価BL回避基準の一例として、お役立ていただければ幸いです。

          • リーマン リーマン より:

            Takkyさん
            無事、PIできてよかったですね!
            そして、家族間譲渡で買い回りが移動するという情報ありがとうございます。
            以前から家族間譲渡は買い回りが移動していましたが、今回の厳格化でも譲渡で買い回りが移動するんですね。
            最近、めっきりドコモと契約することがなかったので情報提供助かります。
            ありがとうございました。

  3. ハリー より:

    わからないことがあるので質問させてください。
    8月末に新規で音声を2回線契約→3日後にデータプランに変更しました。
    買い回りは動かないとなると9月末に新規でデータを2回線契約することは可能でしょうか?
    それとも音声→データ変更がカウントされて90日はどちらも追加契約は不可でしょうか?
    ドコモ初心者でまだ理解出来ていません。
    よろしくお願いします。

    • リーマン リーマン より:

      ハリーさん
      以前でしたら買い回りはデータ化すると移行しました。
      2月は特に厳しかったようですが、最近は買い回りに引っかかったという話も聞かないのでデータ化していれば追加契約できると思います。
      ただ、最近はドコモの契約もすっかりご無沙汰&情報も少ないですので100%大丈夫とは言い切れないですが・・・