3月契約した回線の郵送下取りAndroid 4月に受付すると1万円?2万円どっち?

スポンサーリンク

4月からauの下取りAndroidは2万円から1万円と大幅な減額になりました。

auの下取りandroidが大幅減額!? ガラケーは変らず!! 4月からの下取りプログラム
気になっていたauの下取りプログラムの公式ページが更新されましたね。MNPするときに下取りAndroidを準備して、20000円の還元の恩恵...

3月ギリギリに契約した人で、郵送下取りを選んだ人は

4月に郵送下取り手続きをすると下取り価格は

契約時の下取り価格なのか今の4月の下取り価格になるのか不安になりますよね。

リーマンも3月契約、4月に郵送下取り手続きをしてます。

3月契約時の郵送下取りは3月の下取り価格!

auの下取り施策は契約時の下取り施策が適用になります。

なので、3月に契約した回線の下取りを郵送下取りで4月に受付しても

契約時の下取り価格が適用です。

ご安心ください。

下取りAndroidなら21,600円です!

ですが、たまにauにオペレータさんも間違えて案内することがあるようです。

リーマンのブログでもコメント頂いたんですがオペレータさんに誤案内されちゃった人もいるようですね。

3月にauを駆け込み契約した人で郵送下取りを選択した人はそろそろ発送した頃でしょうか?私は需要が減ったアンドロイド端末が安くなるのを待っているので送付期限ギリギリの1ヵ月まで引っ張ってるところです(^_^;)ご承知のように3月迄はアンドロイドの下取りは2万円でしたが

契約時の施策適用が一般的なんですが例外も??

auでもドコモでもソフトバンクでも下取り施策もその他の各種キャンペーンも契約時に行われていた施策内容が適用されるのが一般的です。

なので、ドコモもauも契約時に適用した下取り価格で下取りを受け付けてもらえるのは当たり前だと思うんですが、どうやらリーマンのブログにコメントいただいた人の情報によるとソフトバンクは違うらしいです(真偽は未確認)

どちらにしても、こういった誤案内と実態が異なることがあった場合も、総務省が5月21日から法施行となっているものに触れることになってくるんでしょうね。

5月21日から初期契約解除制度が法律に!? 契約してもキャンセル可能??
総務省のタスクフォースでも問題としてあがっていた携帯電話や光インターネットなどの初期契約のトラブル。「契約のときにそんなのは説明受けていなか...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする