ドコモの端末購入サポートを攻略

スポンサーリンク

ドコモは端末購入サポートってよくツイッターの案件でもありますが

端末購入サポートって、なんとなく

12か月縛り

パケット解除したら違約金

ってイメージしかないですがそういう方にもわかるように端末購入サポートをおさらいしておきますね。

端末購入サポートってなに?

ドコモの端末購入サポートは12か月間を超えるまで、購入機種(パケット/シェアオプション込)を使うことを条件に端末購入代金をドコモが負担してくれる制度です。

端末購入サポートが適用された機種は負担金額分、月々サポートの金額が減額になります。

また、負担金額に応じて、端末購入サポートの違約金の金額が大きくなります。

端末購入サポートの対象機種は?

端末購入サポート割引が利用できるのはMNP契約と一部の機種の新規契約のみです。

2016年12月01日の時点では

スマートフォン

  • MONO MO-01J (割引31,752円/返金額15,876円)
  • AQUOS EVER SH-02J 機種変更(FOMA→Xi)のみ適用(割引46,008円/返金額23,004円)
  • Disney Mobile on docomo DM-02H (割引51,840円/返金額25,920円)
  • Xperia X Performance SO-04H (割引74,520円/返金額37,260円)
  • Xperia Z5 Premium SO-03H (割引67,392円/返金額33,696円)
  • Xperia A4 SO-04G 機種変更(FOMA→Xi)のみ適用 (割引71,928円/返金額35,964円)
  • arrows SV F-03H 機種変更(FOMA→Xi)のみ適用 (割引57,024円/返金額28,512円)
  • Disney Mobile on docomo DM-01H 機種変更(FOMA→Xi)のみ適用 (割引80,352円/返金額40,176円)
  • arrows NX F-02H 機種変更(FOMA→Xi)のみ適用 (割引86,184円/返金額43,092円)

iPhone

  • iPhone6s 16GB/64GB/128GB (割引82,944・89,424・77,112円/返金額41,472・44,712・38,556円)
  • iPhone6s 16GB/64GB/128GB (割引89,424・77,112・64,800円/返金額44,712・38,556・32,400円)
  • iPhone6 64GB/128GB (割引60,264・62,208円/返金額32,724・33,696円)
  • iPhone6 Plus 16GB/64GB/128GB (割引60,264・60,264・49,248円/返金額32,724・32,724・27,216円)
  • iPhoneSE 16GB (割引41,472円/返金額20,736円)
  • iPhoneSE 64GB (割引47,304円/返金額23,652円)

iPad

  • iPad mini3 16G/64G/128G (割引34,992円/返金額17,496円)

タブレット

  • dtab Compact d-02H (割引49,248円/返金額24,624円)

ケータイ

  • AQUOS ケータイ SH-06G (割引35,640円/返金額17,820円)
  • ARROWS ケータイ F-05G (割引35,640円/返金額17,820円)

Nexus

  • Nexus 5X 機種変更(FOMA→Xi)のみ適用(割引92,664円/返金額46,332円)

最新の情報は公式サイトで確認できます。

ドコモ 端末購入サポート

端末購入サポートの適用条件は?

端末購入時に

  • カケホーダイプラン、カケホーダイライト、データプラン(スマホ/タブ)へのご加入
  • パケットパック/シェアパック(2台目シェア含)のいずれかへのご加入(予約付も対象)

の2点です。

端末購入サポートの維持期間は?

購入日(開通を伴う場合は開通日)の翌月1日から起算して12か月になります。

※12ヶ月に改定される前の2015年4月22日までの端末購入サポート契約分は6ヶ月になります。

具体的には

12iji

2015年8月21日に端末を購入したら

翌月の9月1日から翌年の9月1日まで維持する必要があります。

購入日の14カ月後に解約できると覚えておくと楽です。

端末購入サポートの違約金が発生するケース

  1. 機種変更を行った場合
  2. FOMAへ契約変更を行った場合
  3. 回線の解約、電話番号保管を行った場合
  4. パケットパックまたはシェアオプションの解約・解約予約を行った場合
  5. データプラン(ルータ)への変更を行った場合(10月29日以降に購入した場合)

MNP乞食としてよくやることをOK/NGで書くと

データプラン(スマホ/タブ)・データプラン(ルーター)へのプラン変更はOK

※10月29日以降に携帯電話を購入サポートで買った場合はデータプラン(ルーター)への変更はNG

機種変更はNG

フォト化はNG

バリュー化はNG

番号保管はNG

回線のMNP転出はNG

といったところでしょうか。

維持期間が非常に長い端末購入サポートですので、端末購入サポート付の機種を契約するときはよく考えて契約しましょう。

ドコモの公式の規約はこちら

端末購入サポート規約

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たかた より:

    端末購入サポートで一括0円の場合
    ネットワーク利用制限は△⇒◯になるのでしょうか?
    ネットで探しても情報がありませんでした。