auのタブレットプランDS回線の解約と新しくプランDSを紐づけした件

スポンサーリンク

今週末にauの契約を予定しているんですが、今回の契約はなかなかタイトスケジュール。

というのも、解約して枠を空ける予定の回線が9月29日でちょうど122日維持。

10月からは噂によると1日の特異日がなくなるという話もでています。

できれば今月中に解約したいところですが、解約手続きができるのが29日か30日。

残念ながら29日は仕事におわれて、到底じゃないけど契約できなかったので

30日にauの手続きを詰め込みました。

30日に手続きしたい内容

タブレットプランDSを解約して、紐づけていた親回線に新しくシングル回線をタブレットプランDSに変更して紐付けるという変更

updateplands

タブレットプランDSを解約して、その数日後に新しくタブレットプランDSを紐づけるのはなんの問題もないんです。

でも、これを同日にするとなるとauショップでも157でもたいてい翌日以降にお願いしますといわれちゃいます…

これは、auは契約変更手続きを行っても、auのパスカル(顧客管理システム)に更新が入るのが夜間になります。ドコモやソフトバンクみたいにリアルタイムに変更内容の更新が入らないんですよね。

子回線を解約しても、親回線にはその日の夜まで子回線が紐づいた状態になっています。

なので、同日に新しく紐づけを行おうとしても親回線が既にセット割が組まれていてできないと言われちゃうんですよね。

でも、ここで挫けてしまうと明日は10月1日

もう一か月余分にシングル回線の運用がLTEプラン for TABで運用しなければ行けなくなっちゃいます。

挫けずに同日に手続きを行うには!?

「オーダー調整」

という言葉を知っているでしょうか??

何年も前に機種変更大回転を経験している人にとっては、よく知った言葉ですがたいていの人は聞きなれないんじゃないでしょうか。

パスカル上で手続きできないような特殊な手続きを行うことを「オーダー調整」というんですが、一般的なシステム操作じゃできないことをやってもらえます。

パスカルのリアルタイム更新ができない問題もオーダー調整で変更してもらえば同日に紐づけを切り替えることができます。

例えば月末に契約して、すぐオプションやプラン変更する場合にも使えるので覚えておくといいかもしれないです。

というわけでリーマンも早速157で実践

リーマン
「C回線をB回線に紐づけてタブレットプランDSに変更お願いします!」
auお姉さん
「お客様のB回線にはすでにタブレットプランDSが紐づいていますので組み換え手続きが…うんぬん」

普通にこういわれるのはわかっていたので、すでに紐づいていた回線は今日、解約した旨を説明、そのうえで

リーマン
「オーダー調整を行えばC回線をB回線に紐づけてタブレットプランDSにできますので確認してみてもらえますか?」

とお姉さんにお願いしてみます。

auお姉さん
「確認していたしますので少々お待ちください。」

待つこと10分以上

auお姉さん
「大変お待たせしました! 特殊な手続きでお客様の変更内容を承らせていただきます。」

ほっと一息、話が分かるお姉さんでよかったです♪

残り1回線もお願いして、ついでにタブレットプランDSにした回線からスマートバリューの紐づけも解除しておいてもらいました。

あとは明日、変更内容が正しく受け付けられているか確認ですね。

あとは明日Vストックに行って、明後日に契約ですが

今回契約するのはau iPhone6sなので今の買い取り相場が大暴落しているのは困ったものですね。

キャリア版 iPhone6/iPhone6sの買取価格が大暴落!? その理由は・・・
今週に入って、買取店でのキャリア版 iPhone6、iPhone6sの買取価格が大暴落しています。 特にここ2,3日での暴落幅はよくて50...

幸い、auのiPhone6sは端末購入後180日経過すれば、回線契約を解約していてもSIMフリー化できるので、ここはすぐに端末ドナドナせずにホールド一択ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. rideru より:

    こんばんは。
    B回線はいくらで維持されているのでしょうか?
    カケホライト、5Gの毎月割、スマバリといったところでしょうか?

  2. Takky より:

    リーマン様:
    割引されない「セット割」なるおかしなものが、親回線側に残ってしまうのが問題なのですね。先日ショップ店頭でお姉さんと種々やり取りしながら、次のような手順でこの問題を回避できましたので、ご報告させていただきます。
    1.ダブレットdsをフラットforTab(誰でも割なし)にプラン変更(ここで解除料発生)
    2.セット割を解約
    3.タブレット回線解約(誰でも割なしの状態なので短期解約料発生せず)
    4.「セット割」が外れた親回線が残る
    ポイントは1.で「誰でも割なし」とすることで、ダブルで解除料がかかることを避けています。また「フラットforTab」の料金は翌月から適用なので、タブレット回線のプラン変更と解約を同日に続けて行なえば、余計な維持費は発生しないとのことでした。
    この手法、紐付け変更だけではなく、親回線を3G化したい人にも有効な手ではないでしょうか。

    • リーマン リーマン より:

      Takkyさん
      詳細情報ありがとうございます。
      まさにその通りです、リーマンもいつもその手順でやってもらってます。
      なれた店員さんはいわなくてもその手順でやってくれますね。