12月からauの「購入サポート特約」が「au購入サポート」に改悪!?

スポンサーリンク

既に出回っていますが12月から次の点が改悪されるようです。

  1. HTV31購入サポート入り
  2. 「MNP購入サポート特約」から「MNPau購入サポート」に改悪
  3. iPhone6の購入サポート解除料が5000円増額(テーブルA?)

まだ真偽のほどはわかりませんが、iPhone6なんかはau購入サポートなしでは案件がなくなる可能性があります。

こちらの店舗だけでなくなるのか、どのショップでもなくなるのかわかりませんが。

購入サポートのテーブルがCからAになるとするとその分、購入サポートありの割引額も大きくなります。

iPhone6に関してみると

11月末までは適用テーブルごとの割引額が

テーブルBの割引金額:55000円程度(SOV31/SCV31)

テーブルCの割引金額:28000円程度(iPhone6)

でした。

12月からテーブルA相当になるので40000円~50000円程度の割引とみると

購入サポートなしの減額額が

11月現在のiPhone6は8000円からSOV31/SVC31(テーブルB)の購入サポートなしの減額の金額並になるでしょう。

ある店舗でSOV31/SVC31の購入サポートなしは3.5万円/1台の減額になっています。

ちょっと減額し過ぎな感がありますが、iPhone6は2~3万円程度の減額になるかもしれないですね。

動向が気になりますが

11月はまだ明日まであります。

auの契約はできるだけ今月中にすることをオススメします。

関連記事

auのMNP au購入サポートを攻略
auのMNPau購入サポートについて公式ページに書いてありますが、読んでももう一つわからなかったりしますのでMNPau購入サポートについて詳...

拾いものの画像

kounyuusapoto01kounyuusapoto03 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. きなこもち より:

    本日、家電量販店で話を聞いたんですが、iPhone6の場合は特約なしの契約は20,000円相当のポイント減額とのことでした。特約ありの場合の解解除料が3ヶ月で20,000円程度と表をみせてもらったんですが、ブラックにならないために4ヶ月以上の維持期間をもうけることが前程の場合は特約ありの契約の方がお得だと感じたのですが、ポイントと現金の違いは気にせずとして、その他に特約なしのメリットなどがあるのでしょうか?

    • リーマン リーマン より:

      きなこもちさん
      29日に家電量販店の特約なしが20000円相当の減額ですか??
      関東だと8000円程度の減額ですが、関東以外だとそれくらいの減額になっちゃうんですね。
      メリットは減額8000円だと大きいんですよ。

  2. きなこもち より:

    なるほど、そういうことですね。
    減額が8000円程度なら特約なしの方が断然お得ということですね。

    関西のJoshinですが、CBがJoshinポイントで、そのCBポイントが20,000ポイント減額だと言われましたよー(^_^;)

  3. きなこもち より:

    ただ、特約ありだと、2台で74,000ポイントだったので結構いいのかなと思います。
    携帯下取り、ウォレット、帰る割り、クーポンは別途ついてくるので、ガラケーでも下取りに出して、J-COMやeo光クーポンなどで15,000ウォレット相当を利用したら、2台で230,080円相当の案件でした。

    • リーマン リーマン より:

      きなこもちさん
      量販店だと特約なしの減額は交渉できるかもしれないですね。
      でもコンなし、下取り別、ウォレット還元別の2台で74000ポイントはいいですね~
      それなら特約ありでもいいかもしれないですね。