連載1回 MNPで携帯電話の料金が安くなる仕組み

スポンサーリンク

連載1回 MNPで携帯電話の料金が安くなる仕組み

MNPとは?

MNPとはモバイル ナンバー ポータビリティの略で、

みなさん知ってると思いますが携帯の番号を変えずに

契約している携帯電話会社を変えることを言います。

例えばドコモに契約していて、電話番号そのままでauに契約を変更することを指します。

MNPするとなんで安くなるの??

携帯電話会社は携帯会社同士(特にドコモ、au、ソフトバンク)で契約の取り合いをしているので、MNPしてくるお客さんを優遇するキャンペーンなどが数多くあります。

そのキャンペーンなどを利用して、MNPするとスマートフォン・iPhoneなどの携帯端末を0円(一括0円と言われています)で手に入れることができます。

運がいいと、キャンペーンなどで端末が0円でさらに現金や商品券などのキャッシュバックまで貰うことができます。

MNPすると携帯電話の毎月の料金に割引がつきますので、毎月のスマートフォン・携帯電話の料金を2000円~4000円にすることができます。

やりようによっては毎月ののスマートフォン・携帯電話の料金は最大で0円にできますので、頑張ってMNPのやり方を身につけてくださいね。

MNPには3つのお得があります。

新しいスマートフォン・iPhoneがほぼ0円で手に入る

キャッシュバックがもらえる

月々の携帯電話料金が最大0円にできる

MNPは実際にしてみた例

では、実際にMNPするとどうなるか、こんなモデルケースを紹介します。

※記載している金額は全て税抜

Aさんの例

Aさんは10年前からソフトバンクの携帯電話を利用している。

3年前にiPhone5を機種変更で購入して利用したけど月々の携帯電話の料金が7000円近くかかっている。

月々の携帯電話料金の内訳は

キャリア ソフトバンク
ホワイトプラン 934円
パケットし放題 5700円
S!ベーシックパック(i) 300円
合計(毎月の料金) 6934円

毎月の料金は結構な額ですよね。

そこで、こんな条件のiPhoneのMNPがあったとします。

ドコモ iPhone6 16GB MNP 一括0円!

1台でキャッシュバック1万円

2台でキャッシュバック4万円

条件は

家族まとめて割、のりかえボーナス…

この条件のiPhone6に1台乗り換えた場合の携帯電話料金の内訳

キャリア ドコモ
カケホーダイ 2700円
データプランS 3500円
SPモード 300円
ドコモにチェンジ割 -1350円
月々サポート割 -850円
合計(毎月の料金) 4300円

乗り換える前(6934円)に比べて

2634円!

毎月の料金が安くなっています。

乗り換えるときの費用

これとは別にMNPで乗り換えるときの費用、キャッシュバック、使っていたiPhone5の下取りなどの諸経費は

MNPの費用(違約金、契約料等) 15500円
iPhone5下取り -21000円
1台キャッシュバック -10000円
合計 -15500円

合計がマイナスになってます。

つまり、費用は掛からないどころか15500円貰えて

さらに新品のiPhone6 16GBがタダで手に入ります。

MNPすると携帯電話料金が安くなるという仕組み

Aさんの例からわかる通り、これがMNPすると携帯電話料金が安くなる仕組みですね。

まとめるとこんな感じです。

mnpnoimage

MNPは簡単!

MNPってむずかしそう…

よくわからないし、2年以内に解約すると解約金がかかるんでしょ?

面倒だし…

なんて、よく聞きますがまったく難しくありません。

リーマンのブログでも紹介しているMNP案件でお得な案件をチェックしてMNPの契約に行くだけです。

この例が一番単純なパターンですが、この連載シリーズで今後紹介する予定の方法を使うと

さらに安くお得にMNPする方法

があります。

引き続き記事にしていきますのでお楽しみに!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする