最大45%還元! イオンカード&d払いを合わせて最大225000円還元の神キャンペーン!

7月に話題になっている

『イオンカードで最大20%キャッシュバックキャンペーン』

ですが、すでにカードを登録している人もいるんじゃないでしょうか。

イオンカードの最大20%還元ですが、新規にイオンクレジットカードを作って、キャンペーン利用期間の間に利用すると最大20%キャッシュバック。

さらに上限は10万円という久しぶりに上限額の大きなキャンペーンが来ました。

このキャンペーンですが、同じく7月にやっている

『ドコモのd払いで20%還元キャンペーン』

『d曜日キャンペーンで最大6%還元キャンペーン』

全てのキャンペーンを組み合わせれば最大で46%還元

dアカウントを複数持っているならd払いの還元の上限を最大限狙えば

・イオンとd払い合わせて 最大225000円還元!

という異次元レベルの還元が狙えるキャンペーンになっていますね。

このレベルのキャンペーンは久しぶりですので、ぜひ参加したいところですね!

詳しく説明しますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

『イオンカードで最大20%キャッシュバックキャンペーン』

『イオンカードで最大20%キャッシュバックキャンペーン』は

2019年7月1日から2019年9月30日の入会期間中に新規で入会して、発行されたカードで、利用期間中にカードショッピングを利用すると利用金額の最大20%がキャッシュバックされるというキャンペーン。

イオンカードの最大20%のキャッシュバック条件は?

イオンカードの最大20%のキャッシュバック条件は3つになります。

  1. イオンマークのカードに新規入会
  2. イオンウォレットでキャンペーン応募
  3. 引落口座を『イオン銀行』に設定

イオンカードを作成して、引落口座をイオン銀行にとキャンペーン応募が条件ですが、大変そうに見えますが、イオンカードだけならまだしも、イオン銀行とかめんどくさそうに思えますが、イオンカードの申し込みと一緒にネットだけでイオン銀行も開設できるので簡単に条件満たすことができます。

イオンカードの最大20%のキャッシュバック詳細

特典概要

2019年7月1日(月)~2019年9月30日(月)の入会期間中に新規でご入会いただき、発行されたカード(以下、対象カード)で、利用期間中にカードショッピングをご利用いただいた方に、ご利用金額の最大20%をキャッシュバックいたします。

対象カードに付帯されている「WAON」や「Suica」などの電子マネーご利用分はキャッシュバックの対象外となります。

キャッシュバック金額判定日(2019年10月15日)時点で、以下の条件を満たしている方が本キャンペーンの対象となります。

  1. 入会期間中に新規でご入会いただき、利用期間中に対象カードでカードショッピングのご利用があること
  2. イオンカード公式アプリ「イオンウォレット」をダウンロードいただき、対象カードが登録されたイオンスクエアメンバーIDでログインのうえ、本キャンペーンにご応募いただいていること
  3. 対象カードの引落口座がイオン銀行であること

1.~を3.すべて満たしている場合は対象金額の20%を、1,2のみ満たしている場合は対象金額の10%をキャッシュバックいたします。

1.~3.は同一カードであることが条件となります。

既にイオンカードを持っている人も新規に別のカードを作成すれば、キャンペーン対象になりますので、持っていても諦めずにキャンペーンに参加したいですね。

実施期間

入会期間:2019年7月1日(月)~2019年9月30日(月)

利用期間:
①2019年7月25日(木)~2019年7月31日(水)
②2019年8月25日(日)~2019年8月31日(土)
③2019年9月24日(火)~2019年9月30日(月)

利用期間は特定期間になっていて、7月、8月、9月の月末に集中しています。

大きな買い物をするならこの期間に買い物して、20%キャッシュバックをフル活用したいですね。

対象カード

すべてのイオンマークのカード、デビットカード、JQ SUGOCA、JMB JQ SUGOCAが対象になり、法人カード、サンデーアグリッシュカードは対象外です。

イオンカードはかなりの種類のカードがでていますが、法人でなければOKですね。

キャッシュバックについて

キャッシュバック金額は2019年11月下旬頃に、対象カードの引落口座へお振込みさせていただきます。
本キャンペーンにおけるキャッシュバック上限金額は、おひとりさまにつき合計10万円となります。
同一名義の対象カードが複数枚ある場合、キャッシュバック上限金額は、全対象カード合計で10万円となります。(カード1枚ごとに10万円とはなりません)
1明細(1回のお支払い)ごとのキャッシュバック上限金額は1万円といたします。
キャッシュバックは、1明細(1回のお支払い)ごとに計算いたします。(1円未満は切捨て)

→キャッシュバックの上限は一人最大10万円です。カード2枚あれば上限10万x2となるわけではありませんので、1枚作れば十分ですね。

→1明細につき上限は1万円ですので、20%キャッシュバックなら1回の会計が5万円までにするのがいいですね。

本キャンペーンに関する注意事項

・入会期間中に新規でご入会いただいたカードが対象です。すでにお持ちのカードのご利用分は対象外となります。

→ イオンカードはVISA、Master、JCBのブランドのほか、いろんな種類のカードが出ていますので、すでにイオンカードを持っている人は違う種類の新しいカードを新規発行すればキャンペーン対象になります。

・電子マネー(「WAON」や「Suica」など)や各種プリペイドカードへのチャージ、携帯電話料金、各種公共料金、その他(月会費、イオンカードde家賃、キャッシングご利用分、ATM手数料、その他)など、一部キャッシュバック対象外のご利用分がございます。なお、対象外項目は予告なく変更となる場合がございますのであらかじめご了承ください。

対象外項目はこちら

→ ここが今回のキャンペーンの曲者になるところです。

イオンカードはポイントミュージアムで作れば2160円ポイント!

イオンカードの新規に作成するならポイントサイト経由で作成すれば、ポイントバックが貰えてお得ですが、イオンカードの種類が多くて、ポイントバックも高額なのは

『ポイントミュージアム』

ですね。

まだ入会したことがない人はこちらから入会すると1000ポイント貰えますので

↓こちらからどうぞ。

イオンカードの申し込み方法

イオンカードは種類が多くてどれを申し込んだらいいかわからない人も多いと思います。

どのカードを申し込むのがベストか簡単に説明しますので参考にしてください。

イオンカードは大きく分けて4種類

  1. イオンカードもイオン銀行も持っていない人は『イオンカードセレクト』
  2. イオンカードを持っていて、イオン銀行はいない人は『デビットカード』
  3. 既にどちらもある人は『イオンカード(WAON一体型)』
  4. 既にどちらもある人は『イオンカード(suica一体型)』
  5. 『イオンJMBカード』

①イオンカードセレクト(イオンカードもイオン銀行もない人)

イオン銀行口座もイオンカードも持っていない人は

イオンカード、イオン銀行、WAONの3つが一体になった『イオンカードセレクト』を申し込みましょう。

通常デザインでもミニオンズなどのデザインカードでもOKです。ブランドもJCB、VISA、MasterどれでもOKです。

『イオンセレクトカード』は申し込みと同時にイオン銀行の口座開設も同時に申し込めますので、簡単にキャッシュバック条件を満たすことができます。

②イオンデビットカード(イオンカードがある人)

既にイオンセレクトカードは持っているでもイオン銀行は口座開設していないという人はこちらのイオンデビッドカードがオススメです。

デビッドカードは使った分だけ、イオン銀行の口座から引き落とされるカードですので使い過ぎの心配もありません。

ただ、ポイントサイトでポイント還元がないので、どうせカードを作るなら③④の『イオンカード(WAON一体型/suica一体型)』の方がいいかもしれませんね。

③④『イオンカード(WAON一体型/suica一体型)』(イオンカードもイオン銀行もある人)

①にも②にも該当しない人は『イオンカード(WAON一体型/suica一体型)』の発行がオススメです。

ポイントサイトで2160円分のポイントバックもありますので、どうせ発行するならポイントも貰って発行しましょう。

注意としては引落口座をイオン銀行に設定していない人はキャッシュバックが10%になるのでイオン銀行がない人は①『イオンセレクトカード』がオススメです。

⑤『イオンJMBカード』 イオン銀行がある人

コメントで教えてもらいましたがイオン銀行を持っている人は『イオンJMBカード』が最大4000円WAONプレゼントでいいですね。

イオン銀行を持っている人は引落をイオン銀行にすればOKです。イオン銀行を持っていない人は別にイオン銀行を登録しない行けないので少し面倒かもしれませんね。

i2iのポイントサイトで2000円ポイントバックで出ていますので、i2i経由で申し込めば

2000円ポイントバック+WAON最大4000円プレゼントで6000円貰えますね。

まだi2iのポイントサイトを登録していない人は

↓今ならここから登録で1000ポイントバックがあります。

1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!

イオンカード申込時は紹介ID:67V3LP

イオンカード申込途中で『企画コード/紹介ID』を入力する欄がありますが

リーマンの紹介ID:67V3LP

を使っていただけると嬉しいです。

『ドコモのd払いで20%還元キャンペーン』

ドコモのdアカウントでは、d払いで20%還元キャンペーンというのが7月1日~31日まで開催されています。

キャンペーンにエントリーの上、d払いで買い物をすると20%のdポイントが還元されるというキャンペーンです。

dアカウントが必要ですがドコモ回線を持っていなくても、dアカウントは作ることができるので誰でも参加できるキャンペーン。

キャンペーンのエントリーはこちら

このd払いですが実はクレジットカードを登録してd払い決算することができます。

ここで『イオンカードの最大20%キャッシュバック』のキャンペーンが活きてきます。

つまり

『d払いの支払いクレジットカード』にイオンカードを登録して、d払いで買い物をすると

  1. d払いの20%還元
  2. イオンカードの最大20%キャッシュバック

二つのキャンペーンの両取りができてしまいます。

毎週お得なd曜日でさらに5%還元アップ!

さらにd払いでは金曜日・土曜日にd払いで買い物をすると最大6%還元となるキャンペーンも併用可能です。このキャンペーンもエントリーが必要です。

キャンペーンのエントリーはこちら

金曜日か土曜日にd払いですが、イオンカードの最大20%キャッシュバックは

①2019年7月25日(木)~2019年7月31日(水)

が対象ですので、最大還元を狙うなら

7月26日(金)、27日(土)なら合計45%の還元!

です。

『ドコモのd払いで20%還元キャンペーン』の上限は1万円

『ドコモのd払いで20%還元キャンペーン』の上限額は1アカウント1万円となっています。

それに対して『イオンカードの最大20%キャッシュバック』は上限が10万円です。

普通に合わせると11万円のキャッシュバックが上限になりますが、過去のd払いのキャンペーンはアカウントごとにキャンペーン適用できましたので、今回もイオンカードに合わせて、10アカウント活用すれば『お得なd曜日』のキャンペーンと併せて

  • イオンカードで10万円キャッシュバック
  • d払いで12500円のdポイント還元x10アカウント

最大の225,000円の還元

も狙うことができそうです。

d払いを利用すれば45%還元で買い物できる!

d払いの買い物『ひかりTVショッピング』

人気のNintendo Switchは

現在は残念ながら売り切れですがまた在庫復活した時がチャンスです。

Nintendo Switchがどれくらい還元があるかというと

販売価格 32,378
d払い25倍 -8,095
イオン20% -6,476
ぷららポイント1% -323
合計 17484

Nintendo Switchですが今のドナ価格は3万円を超えているので

1台で12516円の利益!?

争奪戦間違いなさそうですね。

他にも日用品から家電までの品ぞろえがあります。

d払いの買い物 『ノジマオンライン』

『ノジマオンライン』はNintendo Switch本体は売り切れてますがソフトとセットならまだ在庫あるので狙い目ですね。

などがネットの買い物でd払いとイオンカードの組み合わせを使うことができます。

コメントご指摘いただいたのですが、Amazonでd払いは『電話料金合算払い』か『dポイント』でしは支払いができませんので、d払い&イオンカードの組み合わせは使えません。

実店舗では家電量販店

『Joshin』、『ビックカメラ』、『ケーズデンキ』、『コジマ』などでもd払い使えますので狙っていきたいですね!

Amazonで買い物はイオンカードの最大20%

Amazonの買い物などではd払い&イオンカードを使うことができませんがイオンカード単体のキャンペーンは条件付きで20%還元できます。

注意点は

『イオンカードの最大20%キャッシュバック』は
・Amazonマーケットプレイスは対象外
・Amazonギフトカードは対象外

です。

しかし、『Amazon直販』なら対象になりますのでAmazonで買い物するならAmazon直販ですね。

『Amazon直販』と『Amazonマーケットプレイス』の違い

Amazon.co.jpではAmazonが販売する商品と、Amazonマーケットプレイスの出品者が販売する商品があります。

見分け方は

Amazon.co.jp が販売する商品:

「在庫状況」の下に「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。」と表示される商品は、Amazon.co.jp が販売する商品です。この表示がある時にページ上部のショッピングカートに入れるボタンをクリックすると、Amazon.co.jp が販売する商品がショッピングカートに入ります。

Amazonマーケットプレイスの出品者が販売する商品:

Amazonマーケットプレイスの出品者が販売する商品の場合、商品の詳細ページ上で、以下のいずれかの表示があります。
・「在庫状況」の下に、「この商品は、○○○(出品者名)が販売、発送します。」の表示:
この表示がある時にページ上部のショッピングカートに入れるボタンをクリックすると、その出品者が販売する商品がショッピングカートに入ります。
・「出品者からお求めいただけます。」の表示:
この表示がある場合、商品の詳細ページ上部に「ショッピングカートに入れる」ボタンは表示されず、出品者をクリックすると、出品者の一覧が表示されます。価格、商品状態、コメントを確認し、注文したい商品の横に表示されているショッピングカートに入れるボタンをクリックすると、その出品者が販売する商品がショッピングカートに入ります。
・「こちらからもご購入いただけます」ボックスの表示:
このボックスが表示されている場合、ボックス内にある、ショッピングカートに入れるボタンをクリックすると、ボタンの上に表示されている出品者が販売する商品がショッピングカートに入ります。

簡単な見分け方は『新品/中古品の出品を見る』で販売/出品が

『Amazon.co.jp』になっているものが

『Amazon直販』ならイオンカードのキャンペーン対象

Amazon直販でNindendo Switchも購入可能!

AmazonのNindendo SwitchもAmazon直販で販売されています。1アカウントにつき1台しか購入できませんがNintendo Switchが20%還元で買えるならぜひとも買っておきたいですね。

イオンカード&d払いを合わせて最大225000円還元のまとめ

イオンカードとd払いを合わせて最大225,000円還元のまとめですが

  • イオンカードはポイントサイト経由で新規カード発行
  • d払いの支払い方法にイオンカードを設定
  • d払いの買い物は7月26日、27日が最大還元!

になります。

最大還元の225000円を狙う場合は50万円をカード利用が必要になります。

d払いは上限が10000円ポイントになりますので5万円まで購入したら違うアカウントに設定するのがいいですね。

d払いは、街のお店でも利用することができますし、ネットでも利用できるので活用しましょう!

Amazonでの買い物はこちら

イオンカードは申し込みから発行までに1~2週間かかるようですので、早めに作っておきましょう!

イオンカードを発行するなら『ポイントミュージアム』がオススメ。

まだ入会したことがない人はこちらから入会すると1000ポイント貰えますので

↓こちらからどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. tomotomo より:

    いつも有益な情報ありがとうございます。
    こちらの記事を参考にイオンカードを
    申し込みましたが、半月ほどたちましたが
    発送連絡等がまだありません
    リーマン様はお手元にカード届いていて
    いますか?ご教授くだされば嬉しいです。

  2. nana より:

    いつもお世話になってます୨୧⑅*.
    紹介ID使用させていただきました♬︎

  3. EVO より:

    リーマンさんこんにちは、evoです。

    先日の32kですがd払いクレの表示ですが本日確認できましたので報告します。

    d払い✖✖✖表示でした、大丈夫そうですね(笑)
    これをドコモの携帯料金と認識するには無理がありますよね、除外にされなければですが。

    来週の金土に掛けてみます。

    リーマンさんのカードは連絡来ましたか?
    こちらのカードは本日受け取りする予定です。(2日申し込みです)

    よろしくお願いします。

  4. ななななななはや より:

    本日、イオンカードセレクトが届き、d払いに登録しようと思ったらM110474というエラーコードで弾かれました
    3Dセキュアは登録したんですが…何がいけないんですかね…

    • リーマン より:

      >>ななななななはやさん
      できませんか?何か見落としてたりするかもしれませんのでd払いに問い合わせてみるといいと思います。

  5. EVO より:

    リーマンさん、おはようございます。evoです。

    32kを試しにd払いクレで買いました。どうしても請求表示がどうなるのか確認したくて。
    timebankやpaypay時もいろいろ審査明かさないでNGありましたので(笑)

    それにしてもスマホよりカード系他が盛り上がるのが流れですか~

    これもdocomoが静観している影響だと思うのは私だけですかね(泣)

    いつも情報有難うございます。

    • リーマン より:

      >>EVOさん
      高額になりそうですから石橋叩いて渡るくらいがいいと思います!
      カード、電子決済系は今年は後押しがあるからだと思いますが、できるだけ祭り参加していきたいですね!

  6. EVO より:

    リーマンさんおはようございます。evoです。

    d払いは使っていますでしょうか?

    イオンはまだ審査中です。
    ドコモポイントで還元は、今のドコモ契約ではポイント
    貰っても使い道あるかどうか不透明ですよね。

    早くイオンカードが来るのを楽しみにシテいます。

    いつも情報有難うございます。

    • リーマン より:

      >>EVOさん
      d払い、使ってますよ。
      期間限定dポイントは32k消費くらいですかね。イオンカード、申し込み殺到で発行審査時間かかりそうなので間に合うか少し気になってますが…

  7. 有吉 より:

    >イオンデビットカード(イオンセレクト)にしました。
    デビットカードでも、VISAは、審査あるらしいですが、VISA、JCBどちらにしましたか?

  8. あき より:

    いつもお世話になってます!少しのお礼のつもりで紹介IDいきました~。これからもよろしくおねがいします。

  9. 匿名で失礼します より:

    キャッシュバック対象外に「NTTドコモ」と記載があるので、d払いでイオンカードのキャッシュバックが適用されるかが心配です。

    • リーマン より:

      >>匿名で失礼しますさん
      d払いは確かクレカ請求明細が電話代金と違ったと思うので大丈夫だと思いますがリスク回避でd払いやめておくというのもありますね。

  10. EVO より:

    私の見誤りですかね?クレームでデカク表示したとか?

    適用除外リストは日々追加されてますが。
    改悪だったのかな(笑)

    でも月末はヤバイですね(笑)

  11. マンリー より:

    イオンJMBカードのキャンペーンを併用した方が得だと思います
    私はi2i経由でイオンJMBを発行しました

  12. EVO より:

    こんにちわ、evoです。
    私もイオンカードを所有していますが、新規で銀行口座+クレジットカードを申し込みしました。

    それ時点では利用は3か月間だと思ったんですが、月末の1週間だけなんですね?
    改悪したのかな(笑)

    d払いにイオンカード登録して定番の32kを購入したいと思います。

    いつも情報有難うございます。

    • リーマン より:

      >>EVOさん
      開始当初は3か月間利用だったんですか?リーマンが知ったときは既に月末制限入ってました。
      でも、7月の金曜、土曜のブーストはヤバイですよね。32kが唸りますね。

  13. たま より:

    リーマンさん、いつも楽しみに記事を見させていただいております。
    私はカードも口座も持っていませんが、あとくされがない
    イオンデビットカード(イオンセレクト)にしました。
    ポイント類がつかないというデメリットもありますが、まあ今回限りですので。

    記事の中でアマゾンでD払いと組み合わせとありましたが、アマゾンは
    電話料金合算のD払いとなります。
    ポイント支払いとドコモ口座払いは可能ですがクレジットカードは登録できません。

    ご確認いただければと思います。