ドコモ(docomo)の電話番号保管サービスを攻略(特価BLの寝かせに利用)

スポンサーリンク

ドコモ(docomo)の電話番号保管サービスって、あんまり興味なかったのでぜんぜん調べてなかったんですが、特価BLの寝かし回線にちょうどいいんじゃないかと思って詳しく調べてみました。

特価BLを寝かす視点で記事を書いてますので、本当に電話番号保管サービスを使おうかと思ってる方は、公式ページのほうを参考にしてみてください。

ドコモの公式ページ

「長期間利用されないとき(海外赴任・留学など)の電話番号保管・解除」

電話番号保管サービスとは?

電話番号保管サービスは長期間電話番号を利用しないときに月額400円で音声回線を保管するサービスです。保管期間中は電話回線を利用することはできません。

電話番号保管サービスのメリット

電話番号保管サービスを利用すると回線を利用することはできなくなりますが

申込手数料1000円、月額400円で回線を維持することができます。

もちろん保管している期間も回線維持期間にカウントされます。

2年縛りの期間を電話番号保管で寝かすということも可能です。

電話番号保管サービスを利用する条件

基本的には音声プランの電話番号回線のみ利用できます。

Xiデータ通信専用プラン、FOMAデータ通信専用プラン、2in1契約は利用できません。

データプラン(スマホ・タブ・ルーター)は利用できないので注意です。

電話番号保管サービスの申込は?

ドコモオンライン、電話、ドコモショップどれでも対応しています。

とするとドコモオンラインで申込するのが一番手っ取り早いですね。

電話番号保管サービスを使ってはいけないケース

ドコモの端末購入サポートで端末を購入して、維持期間がまだ残っている人

ドコモの端末購入サポートを攻略
ドコモは端末購入サポートってよくツイッターの案件でもありますが 端末購入サポートって、なんとなく 12か月縛り パケット解除したら違約...

電話番号保管サービスを利用してしまうと、端末購入サポートが解除されて

12か月以内に解除すると解除料が発生しますので電話番号保管サービスは利用しないようにしてください。

電話番号保管サービスを利用したほうがいいケース

本題です!

特価BLな人はドコモ(docomo)に新規契約、MNP契約しても月々サポートがつかないのでなかなか端末維持費が高額になります。どうせ割引きサービスが付かないんなら

最低維持になる電話番号保管サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

短期解約にならない180日ほど電話番号保管サービスで寝かして、解約というのが特価BLのケースの利用方法になると思います。

その場合の維持費は手数料と6ヶ月の料金合わせて、3400円(税抜)です。

電話番号保管サービスを利用すると

基本プラン以外は全てのオプションが解除されます。

有料コンテンツなども解約されるのでご注意ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. yamada より:

    最近考えたのですがデータから音声にしてさらに手数料を取られるので数か月データSで持つ方を選びました。
    特価Blって一括0の方にも影響あるのでしょうか。端末購入サポもあるし当分ドコモさんのお世話になることはなさそうです。そのままソフトバンクみたいに買わなくなりそうです。

  2. にしきの より:

    いつも参考にさせていただいております。

    特価BLで購入。
    購入月に番号保管。
    6か月維持。
    6か月目に保管のまま予約番号発行でpo。

    これを多用すると特価BLどころか契約BLになったりしないですかね?
    リーマンさんはまだ大丈夫ですか?

    • リーマン リーマン より:

      にしきのさん
      リーマンは3回線ほど実施中ですが、まだ契約BLにはなってないですね。
      機種変更はできていますよ。